2007年10月16日

恋はデジャ・ヴ #1004

もし、何度目覚めても同じ日だったら、どうします?

そんな一日を何日も何日も繰り返すことになってしまった主人公の話。繰り返す一日がとっても素晴らしい、「あの日に帰りたい」ような1日だったらそりゃ何度でも繰り返してみたいだろうけど、主人公が繰り返すのは何の変哲も無い日。しかも仕事での旅先。家には帰りたいし、だんだん同じであることがくだらなく感じてしまう。

このコメディ、確か野口悠紀雄氏(だったかな)のエッセイでも紹介されていたけれど、面白い!面白いだけではなく、いろんなメッセージも含まれているし、見終わった後もハッピーな気分になれる。テンポもよくって最初の一日目が5分くらいで就寝、起きたらまた同じ一日、ってのが続いて、半年以上同じ1日を過ごすことになる。もちろん、同じと言っても、同じとわかってるからいろんなことをやるんだけれど・・。

もし明日が来なかったら・・そりゃ、パラダイスだ、今日何やってもいいじゃん。とバーで会った酔っ払いに言われ、その手があったかとばかりに車で暴走、盗みなんかもやってみたり。カワイコちゃんの情報を聞き出して運命的な出会いを演出したり。つまらない毎日に意味のあるものを作り出している。そもそも同じ毎日の繰り返しなのは同じ日じゃなくってもそうである。その日を特別な日にするかどうかは自分次第。

この頃のコメディ映画は大好きです。

posted by 映画のせかいマスター at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする