2007年12月12日

新・猿の惑星 #1057

1971年 アメリカ 97分

猿の惑星からの脱出。シリーズ第3弾は、前回のラストで核爆弾で消滅した未来の地球から、テイラー大佐の宇宙船に乗って過去の地球、つまり現代に戻ってきたコーネリアスとジーラの姿を描く。人間界で今まで実験にしか使っていなかった人間に捉えられ、未来から見た過去(現代の人びとにとってはこれから起こるであろう出来事)を告白していく。

無理やり作った・・のかどうか不明だけど、うまく繋がってる。このシリーズあとに行くほど評判が悪いけれどここまでなかなか面白い。2人の猿の子供が次の作品では活躍するのかな。舞台は猿の惑星ではなかったが、猿の秘密が徐々に明らかになっていくって展開はよかった。

猿の惑星 #907
続・猿の惑星 #908
新・猿の惑星 #1057
猿の惑星・征服 #1063
最後の猿の惑星 #2398

PLANET OF THE APES/猿の惑星 #899

猿の惑星: 創世記 #1722
猿の惑星:新世紀(ライジング)#2286
posted by 映画のせかいマスター at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする