2008年01月08日

サボテン・ブラザース #1083

1986年 アメリカ 106分

落ち目の芸人がついつい社長に暴言を吐いてクビに!行き場をなくしたところ、メキシコから映画を見たファンが本物と勘違いして本当の盗賊をやっつけて欲しいという電報を打つ。電報代を浮かすため、文字数を少なくした電報を受け取ったスリーアミーゴは、出演の仕事と勘違いし、いざステージ衣装を盗み出してメキシコへ・・。

文章で書くとベタだけど、スティーブ・マーティンの軽いノリと独特の世界観でテンポ良く進んでいく。勘違いに気づいてハリウッドに帰ろうとするが、帰っても仕事もなければ中間もいない。マーチン・ショートが居残ろうと言えば、チェヴィー・チェイスが頷く。要するに単純。そこが面白い。時折ミュージカルっぽい歌のシーンもありつつ、盗賊たちと戦っていく。結構なアクションもあれば、遊園地のアトラクションっぽいところもあったりして、ずっこけつつもやっつけていく姿に乾杯!

スティーヴ・マーティン

posted by 映画のせかいマスター at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする