2008年01月18日

八甲田山 #1091

1977年 日本 

原作は新田次郎の『八甲田山死の彷徨』で、1902年(明治35年)に青森の連隊の雪中行軍の演習中に、210名中199名が凍死した事件(八甲田雪中行軍遭難事件)を題材にした作品。

実戦ではなく訓練でこんなんなっちゃうってのは如何なものなのかな、と戦後生まれの私は思ってしまう。しかしちゃんと2年後の日露戦争で、この事件は生かされ、生き残った数人が活躍したと聞き、やはり実地訓練の重要さをかみしめる。ここまでしなければ勝てないわけである。戦争というのは死を目前にしているため、時に人を狂わせるが、この物凄かった体験から何かを学ばないといけないと思った。

2時間以上続く吹雪の山のシーンは壮絶であり、途中何人も狂って死んでいく姿は恐怖でもあった。画面が吹雪なので薄暗く、誰が誰だかわかんないところもあったけど、役者さんたちはさぞかし大変だっただろう。主役級の人たちは現場から逃げ出すわけにも行かないし、この仕事を請ける時点でかなりの覚悟がいったはずである。あらためて尊敬します。

posted by 映画のせかいマスター at 06:34| Comment(4) | TrackBack(1) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする