2008年01月26日

老親 #1097

2000年 日本 

原作は門野晴子の「老親を棄てられますか」と「寝たきり婆あ猛語録」。原作者がモデルなんだろうけれど、前半は暗く、介護の大変さと女性の立場の弱さをこれでもかとばかり描き、後半になって明るく強く生きていく姿にやっと感動する。

日本は世界有数の高齢者社会だけあって、介護映画は得意分野かと思う。主人公は都会っぽい明るさで乗り越えていくが、田舎の大家族の世襲制度の中で長男の嫁が一人出向いていって暮らすのはとても大変だったと思う。逆にさっぱりしすぎてると感じるくらい。もうちょっとドロドロしててもいいのでは??萬田久子さん、今まで美人と思わなかったけど、この映画で見方が変わった。ステキ!実話ベースなのが感動を増す。

小林桂樹と草笛光子が老人役で出てきているのが嬉しかった。社長シリーズで若手社員とバーのマダムだったのが揃って老人役ですからねえ。どこまで日本映画界に貢献してるんでしょ?何作目の共演かな。
posted by 映画のせかいマスター at 06:55| Comment(2) | TrackBack(2) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする