2008年02月27日

ラストエンペラー #1110

1987年 イタリア・中国・イギリス 163分

1950年の中国の話。中国清朝最後の皇帝溥儀(ジョン・ローン)は、ハルビン駅で自殺を図る。救出された彼が語るラストエンペラーとして生まれた半生。城内では皇帝、しかし一歩外に出ると全く別の世界がある、という皮肉な環境に育ち、まるで破滅を待っているかのような人生である。それでいて豪華で(紫禁城で世界初のロケは数週間借り切って行われたこともあり、モノホンの風格が漂ってました。)壊れゆく美学を感じます。

この頃の社会情勢を予習せずに見たのですが、第二次世界大戦でも日本の役割ってのはやはり大きく、アジアを語る上では欠かせませんね。現在の日中関係も引きずってるってことでしょう。もしかしたらあんまり変わっていないのかも。現代は中国に追い抜かれる歴史的な変化が起こっているのでは??

音楽担当の坂本龍一は役者としても登場し、キーになってます。この頃もすごかったですね。

中国にはこういう興味深い話がたくさんありそうで、北京五輪をきっかけにいろいろ見てみたいと思っています。
posted by 映画のせかいマスター at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする