2008年04月27日

十代 恵子の場合 #1126

1979年 日本 79分

Gyaoでやってた。フツーのまじめな女子高生が、図書館で声をかけられてパー券買って、不良の世界を見ちゃって、ついにやくざに惚れちゃって、妊娠して、ヤクザの借金の肩代わりにトルコ(当時の呼び名のまま)に流されちゃう。さらには覚せい剤にまで・・。

まるでマンガか映画みたいに(映画だけど)堕ちてく姿は、おおよそ想像のつく展開ではあるんだけど、やはり暗いし、つらいですね。最後は救われましたが、日常に潜むふとした落とし穴というか、教育テレビ的なのかも。

しかーし森下愛子、こんな役いけちゃいますな。

posted by 映画のせかいマスター at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

難波金融伝52ミナミの帝王29 闇の代理人 #1125

2005年 日本 98分

原作同様長く続く映画、Vシネマの人気シリーズ。原作は92巻まで出てて現在67巻まで読みました。この作品も通算52本目、Vシネマ29本目というびっくりのロングセラーの中の一本。

闇金融に金を借りに来る人がどこかでつながっていて、人生の機微を感じさせて面白い。社会勉強にもなりますねー。原作同様映像も制覇したいけれども・・長すぎ〜

本編は結婚詐欺に引っかかった男、その彼女の父親がおかまバー経営してて、彼が保証人になって借金をかぶってしまう。保証人にしたのは印刷会社のお人好しの社長、裏で仕切ってるのがなんと銀行員。この複雑な糸をほぐしていくのがミナミの帝王なのである。

テンポよくすすめるためか、時間内に収めるためか、セリフがかなり早口。川島なお美なんて早送りして見てるみたいなしゃべり方だった。

TVで放送されるときはチェックしておこうっと。
posted by 映画のせかいマスター at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

燃ゆるとき #1124

2005年 日本 114分

高杉良原作の「エクセレントカンパニー」が原作。さすがにライバル会社との確執とかを描いた1作目の方は映画にはできなかったんだろうか。マルちゃんの東洋水産がアメリカでエクセレントカンパニーに成長していくまでの、地道な日々を描いている。

中井喜一はまさに適役!セクハラで嵌められたり(ラストのハッピーエンドは映画向けかな)、外国人を相手に奮闘する姿は、「ふぞろいの林檎たち」その後編みたいで楽しめた。

映画としては可もなく不可もなく、って感じ。高杉良原作モノを映画にするとこんな感じなのかなあ。

船戸与一・清水一行・高杉良

posted by 映画のせかいマスター at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

太平洋ひとりぼっち #1123

1963年 日本 97分

堀江 謙一が1962年にマーメイド号でサンフランシスコまで太平洋単独航海に成功した時の話を映画化。翌年ですね早い!

この原作のおっちゃん。ものすごいパワーで、その後も次々にヨットで世界中を回ってて、なんと70近い今年にも紀伊水道-ハワイ間の世界初の航海に挑戦するとか言ってる。まじすごいっす。

映画はなんだかヘンテコ風。石原裕次郎のフラッシュバックが不思議。森雅之、田中絹代、浅丘ルリ子と豪華メンバーなんだけど、孤独な航海の中の頭の中のグルグル感を醸してるんだろうか??

市川崑監督

posted by 映画のせかいマスター at 07:07| Comment(2) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

シンドラーのリスト #1122

1993年 アメリカ 195分

ユダヤ迫害どころじゃないね、殺害。しかも無差別殺人。白黒の画面が無機質で、いきなり目の前で起きる殺人シーンが続く。「今日はいい天気だなー、ユダヤ人でも殺すか。」って感じで、そこには何の理由もないし、また映されない。これを映画で表現するの凄いことだ。

女の子の赤い服は色具合がまさに黒沢明の「天国と地獄」。印象的な色である。2回目に出てくるときは泣けてきた。こんなに長時間ひどい映像の繰り返し。プライベートライアンでもそうだったけど、スピルバーグ監督、殺害シーンのリアルさは超一流。死体を焼くところ酷さ最大!

ボカシなしの老若男女の裸体とか、パートカラーの光る蝋燭とか、印象的なシーンも多いが、戦争映画をこういう形で作っちゃうとは極まれりって感想です。

スティーヴン・スピルバーグ
アカデミー賞作品賞

posted by 映画のせかいマスター at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

M★A★S★H マッシュ #1121

1970年 アメリカ 116分

朝鮮戦争が舞台。派遣された医師が戦場でいたずら放題。B級青春映画みたいな下ネタもあったりして、一つ一つのネタは大したことないんだけど、あえて戦争を舞台にしてるところが負傷兵の手術と交互にネタが繰り広げられて面白い。・・けど笑えなかった〜

直前に見たのが「プラトーン」と「プライベートライアン」ですからねえ。頭がそのままになってましたよ。およよ。

ロバート・アルトマン監督

posted by 映画のせかいマスター at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする