2008年06月22日

オーブラザー #1142

2000年 アメリカ 106分

ついにアカデミー賞を取ったコーエン兄弟のコメディ。1930年代のアメリカ南部を舞台に、3人の脱獄囚が、かつて埋めてた120万ドルのお宝を取り戻しに旅をする。

音楽と風景。特に色彩。これが際立って印象に残る作品。ストーリーはちゃんとついて行ってないと、なんのこっちゃわけわかんなくなる。列車のレール沿いにリアカーを引く謎の老人の預言がポイントで、しっかり最後の方にも再登場!

ミッドナイトラン #90 や、イージーライダー#438とかにも近い感じがします。

posted by 映画のせかいマスター at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする