2008年07月04日

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 #1145

1989年 アメリカ 129分

若き日のインディを今は亡きリバーフェニックス、父親をショーンコネリーがやってる豪華版。007を意識して作ってるんだから、コネリーは当然と言えば当然の配役だけど、意表を衝いてジョージ・レーゼンビーとかだったりしても面白・・くないかな、やっぱり。

冒頭はいつものようにハイテンション。幼き日のインディがアクションをこなすうちに蛇嫌いの原因や、いつもの格好の原点を知る。ここまでは流石なんだけど、そっからややドラマっぽい展開が続く。さすがに三作まで連続で見てるんでちょい飽き。2作目のテンションがやっぱいいなあ。

最後も終わりと見せかけて・・・のところがくどい感じも・・。間開けてみればよかったかなー。

さて、これで最新作に臨めるゾ〜週末行けるかな???

レイダース/失われたアーク《聖櫃》#1141
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 #1144
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 #1145

posted by 映画のせかいマスター at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする