2008年12月04日

ダーティハリー4 #1205

1983年 アメリカ 117分

4作目はイーストウッド監督主演。いつものように、ハリーの行き過ぎ捜査へ非難→小事件→拳銃ぶっ放し。という流れは踏襲してる(笑)ちょっと違うのはズバリ犯人。犯人が誰かはすぐに出てくるので隠す必要ないから書くけど、以前強姦された姉妹がその復讐のために一人ずつ殺していく。

定番ラストシーンは遊園地での撃ち合い。メリーゴーランドがあんなになっちゃって、悪を倒す。そして今までになかった意外な展開へ。イーストウッドのその後の監督作であるミスティック・リバー #407なんかに通じているのだろうか。

このシリーズ、刑事ものの源流で、その後いくつもの刑事映画が出てきた。次の5作目で終了なんだけど、いつまでも続いてほしい映画だ。

クリント・イーストウッド
posted by 映画のせかいマスター at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする