2009年01月31日

ルーキー #1220

1990年 アメリカ 

クリント・イーストウッド

ダーティーハリーシリーズを見終わったばかりなので、ハリーキャラバンが若手育成したらこうなっちゃう、という視点でしか見れなかった。最もハリーとはちょっと違ったんだけど、イーストウッドだけに自分がやるキャラは一貫してる。監督も本人だし。

もちろんルーキーであるCシーンがポイントなんだけど、若手がベテランの手のひらで遊ばれると言う感じはなく結構な自己主張してて好感が持てました。
posted by 映画のせかいマスター at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする