2010年01月19日

波の塔 #1256

1960年 日本 99分

連載終了後すぐの映画化。現代で言えば不倫をテーマにしたミステリーなんだけど、やっぱり時代を感じさせる。キャストも揃ってるし、それなりに金かけてるんだろうけども・・・多分松本清張原作映画じゃなかったら見ることもなかったんだろう。けど、いざ見てしまえば古き良き日本を感じてそれなりにおもろい。こういう出会いが映画のいいとこだ。なんか男女間夫婦間の関係って昔の日本って独特なものがあるって感じた。
 
posted by 映画のせかいマスター at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする