2010年08月02日

トイ・ストーリー3 #1301

2010年 アメリカ 

ピクサー映画
劇場で見た映画

シリーズものの宿命とでも言いますか、おもちゃたちの持ち主が成長するということで、持ち主変更による騒動を描いた3作目です。でもそれがただではすまなくて・・・。

貰い手の保育園では、かつて捨てられて性格が歪んでしまった小熊のぬいぐるみが、裏で取りし切ってる。ルーレットみたいなギャンブルで荒れてる感じを出してるの笑える。おもちゃが脱走を防ぐためにカメラで監視してて、擬人化もかなり進化してます。

ウッディたちの友情で力を合わせてそこから脱出!ってところが見どころで、焼却所の息詰まる攻防、そして彼らを救うのは・・

3作目になるとキャラ立ちしてて、それぞれのおもちゃに愛着が湧いてくる。バズも改造されて面白キャラに変身!それぞれの特徴を生かして2の時もそうだったけど、どう見ても逃げられないだろうという状況から脱出するのがすごい。
posted by 映画のせかいマスター at 07:08| Comment(1) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする