2010年08月08日

ザ・レスラー #1302

2008年 アメリカ 109分

このブログで書いたことあったか忘れたけど、結構なプロレスファンである。プロレス界も時代によって様々な変化を遂げているけれど、この映画はまさに昨今のプロレス界を絶妙に描いている。

対戦相手と打ち合わせするシーンとか凶器を買いに行くシーンとか、裏話的な部分も衝撃的で、かつての名レスラーがスーパーでバイトしたり、ステロイドで体がぼろぼろになったり、プロレス的なエピソードも満載。かのサスケがコピーしたくなるのもわかる。

プロレスファンにはたまらない映画だけど、一般受けもいいみたい。
posted by 映画のせかいマスター at 10:34| Comment(1) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする