2010年10月05日

普通じゃない #1316

1997年 アメリカ 103分

コメディの王道って感じ。おもしろい。定番っぽい話ではあるけども、なんか新鮮で13年経ってるとは思わなかった。キャメロン・ディアスの魅力!?

これぞコメディ!の設定
・天使が地上界に降ろされて、あれこれ動かそうとする。当然死んだりしないんだけど、死なないネタで笑えるシーン多々。
・ストックホルム症候群になるはずが・・なかなかならない。しかも、誘拐されてる方が立場強そう(笑)
・強欲オヤジ、身代金払わない。
・娯楽で撃たれちゃう歯医者。

とまあ、これくらいしか登場人物いなかったりする。上に住んでる人がミュージシャンだったのは意表突かれた。
コメディさいこー!

posted by 映画のせかいマスター at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院で死ぬということ #1315

1993年 日本 100分

病室の固定カメラから淡々と死を迎える患者さんたちの日常生活が映し出される。日本のどこかで人が死んでいくのは毎日のことなんだけど、自分の親族でもない限り、この映像のような感じではある。演じてる人は本物の看護婦さん?って思うくらい、自然な演技だ。岸部一徳さんもいつもよりさらに抑えた感じ。

で、その淡々とした映像が後半、死を迎える患者の感情となって一気に爆発する。しかしこの映画の基本ベースは変わらない。原作は読んでないのだが、伝えたいことをひたすら追求した結果なのだろうか。誰もが迎える死という結末を描いた映画は多々あるが、病院という場所を現実的に描いた貴重な作品だと思う。

posted by 映画のせかいマスター at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする