2010年12月31日

ノン子36歳(家事手伝い)#1343

2008年 日本 

36歳バツイチ出戻り家事手伝い。この微妙な立場をゆっくりテンポで描き出す。坂井真紀は私の中ではまだまだ大スターなんだけども、作中のキャラとかぶってしまい本人がモデルと思えるほど熱演だった。キワドイアノシーンも。。。売れなくなったら芸能人もこんなもんだよなーとか、退廃的な感じが非常によく出てた。自転車で酔ってゴミバケツ蹴とばしていくところとか、元夫のうまい話につい乗っちゃうところとか。若い男にやっぱり最後は・・・(ネタバレ自主規制)なところとか。

ユルイ展開に最初は駄作かと思いつつ、結構リアルなところにハマって見た一作。


posted by 映画のせかいマスター at 12:51| Comment(1) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引き裂かれたカーテン #1342

1966年 アメリカ 125分 ヒッチコック監督

国際スパイもの、非常にヒッチコック的ではあるんだけど、スパイものでは007シリーズも始まってる時代なんで、だんだんと派手なものを期待してしまう風潮じゃなかったんだろうか。テーマが現代的になればなるほど、ヒッチコックの良さが出ない気もしなくもない。

ドイツのカーテンの内側に入るアメリカ人、なんとポールニューマン!

posted by 映画のせかいマスター at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイケル・ムーア監督

キャピタリズム〜マネーは踊る〜 #1341 (2009) 
シッコ #964 (2007)  
華氏911 #30 (2004)
ザ・コーポレーション (2004)  
ボウリング・フォー・コロンバイン #372 (2002)  
ザ・ビッグ・ワン (1997)  
ジョン・キャンディの大進撃 (1994)  
ロジャー&ミー (1989)
posted by 映画のせかいマスター at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 監督別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャピタリズム〜マネーは踊る〜 #1341

2009年 アメリカ 125分

2008年に始まった世界規模の不況により自宅や職を失う人が続出する一方、その原因を作った投資銀行や保険会社は税金で救われている。・・・ということに意義を唱える映画なんだけども、映画そのものよりもそもそもの資本主義といいますか金融のしくみが複雑になり過ぎちゃって、なんともよくわからない。ムーア監督の突撃インタビューなども、主張に賛成ならば見ててスカッとする面白さがあるけれど、そうでなければやり過ぎ感があって滑稽に感じてしまう。確かに何かおかしなところは資本主義にあると思うし、資本主義から変えないといけない部分もあるとは感じている。でも何をどうすればいいかはわからない自分もいる。この映画がなんらかの形で一石を投じることに繋がるかどうか・・・なのである。

posted by 映画のせかいマスター at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手紙 #1340

2006年 日本 121分

泣けたっす。強盗殺人犯人の弟、手紙だけのやり取り、ふりかかる差別。世間の偏見、そこから始めるということ。文章で書いてもああそうかで終わりそうだ。私も見る前はそんな感じだった。まさか感情移入できるとかも思わなかった。

私は悪いことをしていない、だから逃げないという沢尻エリカのシーン、被害者の家に行って吹越満と対談するシーン、そして最後のシーン。最初の方はあまり集中して見てなかったけど、泣けるポイントが後半30分で連続だった。

posted by 映画のせかいマスター at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

変態島 #1339

2008年 フランス・ベルギー・イギリス・オーストラリア 96分

話のつながりはないけど、変態村のスタッフが送る第2弾。こちらもまたインパクトありまっせ!なんとなくこっちはイーストウッド監督のチェンジリング #1278を思い出してしまった。

でも設定は、事故に遭った自分の子どもを探してミャンマーの島を訪ねる夫婦の話で、息子の情報を高く買って探すが、見つかるのは別の子ども・・なんて感じ。ラストの壊れっぷり、これもまた計算づくっぽいけど、衝撃的だった。


posted by 映画のせかいマスター at 16:33| Comment(1) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変態村 #1338

2004年 フランス ベルギー ルクセンブルク 90分

設定はUターン #1317に似た感じで、とある村を訪れた売れない歌手が、そこの住民から出してもらえなくなるって話。ミザリーとかにも似てる。ホラーっぽい映像こそ少ないものの、こりゃ怖いわ。本当に変態村なんだもの。映像は確信的なものを感じるつくりだ。こりゃ大反響!?

posted by 映画のせかいマスター at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひぐらしのなく頃に誓 #1337

2009年 日本 

前作から約1年後に公開された2作目。怖さパワーアップ!1作目が謎が残り消化不良な部分があったんで、どうせなら一挙に連続で公開すればよかったんじゃないかと思う。原作は良くできていると思うが、映画は2作が限度だろうか。この世界観、このまま埋もれそうな気はしないんで、今後の映画界にもどこかで影響を与えると読んでいる。

キャストはほとんど同じ、なぜか杉本哲太が大杉連に。矢部美穂はセクシーな感じでいいなあ。
posted by 映画のせかいマスター at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

ひぐらしのなく頃に #1336

2008年 日本 106分

原作、実は読んだ。この映画にまとめられている最初のエピソード(と呼んだらいいのかな??)が一番怖くて面白かった。こりゃ物凄いマンガだわ、と思っていたけど、だんだんとインパクトが薄れてきてしまったのは私だけ?

で、その一番良かったマンガの実写版なんで、それなりに面白かったわけだけど、でもこれマンガ読んでない人に伝わるのかな??せっかくの謎が適正に配置されてない気が・・・。2作目まで製作されているが、全編映画にしないとなかなかあの世界は表現できないかも。なにがなんでも映画ってわけでもないんだろうけど。


posted by 映画のせかいマスター at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボウイ&キーチ #1335

1974年 アメリカ 123分 ロバート・アルトマン監督

1937年発表の小説が原作。それっぽい雰囲気醸しだしてる。大恐慌下で、銀行強盗を繰り返しながらその日を生きている脱走兵3人と、隠れ家の女の恋模様。ヒロイン・キーチ役のシェリー・デュヴァルは、アンガールズみたいで、素晴らしく美しいわけではないけど、強烈な個性派女優。ヌードシーンもばっちりあります。刹那的なラストも印象的。

posted by 映画のせかいマスター at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

ジャッキー・ブラウン #1334

1997年 アメリカ 155分

オープニングでわかるよう、70年代を意識した作りになってる。そこにもったいないくらいの豪華キャスト!もしこのキャストが70年代に活躍してたら・・・なんて妄想を呼びますね。あ、何人も活躍してたんだった。^^;

最後は銃で××と小気味よいテンポで、最初のペースは何だったんだというくらい。これでもかというハイスパート映画が多い中、なんだかじっくり落ち着く作品に仕上がってますね。タランティーノマジック??

posted by 映画のせかいマスター at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする