2010年12月08日

ひぐらしのなく頃に #1336

2008年 日本 106分

原作、実は読んだ。この映画にまとめられている最初のエピソード(と呼んだらいいのかな??)が一番怖くて面白かった。こりゃ物凄いマンガだわ、と思っていたけど、だんだんとインパクトが薄れてきてしまったのは私だけ?

で、その一番良かったマンガの実写版なんで、それなりに面白かったわけだけど、でもこれマンガ読んでない人に伝わるのかな??せっかくの謎が適正に配置されてない気が・・・。2作目まで製作されているが、全編映画にしないとなかなかあの世界は表現できないかも。なにがなんでも映画ってわけでもないんだろうけど。


posted by 映画のせかいマスター at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボウイ&キーチ #1335

1974年 アメリカ 123分 ロバート・アルトマン監督

1937年発表の小説が原作。それっぽい雰囲気醸しだしてる。大恐慌下で、銀行強盗を繰り返しながらその日を生きている脱走兵3人と、隠れ家の女の恋模様。ヒロイン・キーチ役のシェリー・デュヴァルは、アンガールズみたいで、素晴らしく美しいわけではないけど、強烈な個性派女優。ヌードシーンもばっちりあります。刹那的なラストも印象的。

posted by 映画のせかいマスター at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする