2011年05月03日

トゥルーマン・ショー #1368

1998年 アメリカ 103分

盗撮カメラで全世界に24時間生中継で日常が中継される。住んでいる町はセット、人々はみんな俳優たち、そんな嘘のような生活をしていた主人公が、成長に伴い不自然さに気づいていく。

まずは、盗撮カメラって怖いなーなんて感想しかなかった中、ここまでぶっ飛んだ設定を考えたスタッフすごい。実際ありそうでなさそうな・・。

でもよくこの監督のような錯覚に陥ることってあるよね。そう、自分の子供!小さいときからビデオや写真でずっと撮り続けて、大きくなってもすべてキミのことはわかるんだよ、なんて・・。

ずっと見ててもわからないこともある、ずっと見てるからこそわからないこともある。人間はそんなに単純ではないってことだ。私も気をつけよう。
posted by 映画のせかいマスター at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリップ、きみを愛してる! #1367

2009年 アメリカフランス 100分 ジム・キャリー

展開の速いコメディ映画かと思ったら、なんと実話を元にしてる。こんな話本当にあるのか??ジムキャリーがやってる天才詐欺師は総刑期167年で現在も服役中なんだそうだ。ネタがゲイだけに食いつきにくいんだけども、こんな人生があるならば、仕事に学歴にしがみついてる日本人はなんなんだとついつい思ってしまう。

モノローグで冒頭のシーンにあとから追いつくところが上手いと思った。ユアン・マクレガーも熱演だったが、コメディとシリアスが同居できるこの役はジムキャリーならではでは??
posted by 映画のせかいマスター at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インビクタス/負けざる者たち #1366

2009年 アメリカ 132分 クリント・イーストウッド

1994年の南アフリカ共和国。ネルソン・マンデラ大統領と南アフリカラグビーチームの奇跡を描く。モーガン・フリーマンやけに似合ってると思ったら、この映画の製作を通じて実際に交流もあったらしい。

ちょっとドキュメンタリーっぽいところが、今までのイーストウッド映画と趣を異にしてる感じ。ラグビー好きな人にはたまらないんでしょね。最後のスタジアムの撮影すご!
posted by 映画のせかいマスター at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

許されざる者 #1365

1992年 アメリカ 131分 アカデミー賞作品賞 クリント・イーストウッド

自身も多くの西部劇に出てた、というより西部劇で名を馳せたクリント・イーストウッドが、その西部劇を転換させた渾身の一作!

確かに今の世の中、いや西部劇当時もかな。そんなに単純な善悪対立構造だけではなかろう。誰が悪い「許されざる者」なのか、隠されていることもある。同じ人間でも過去と現在ではまったく違うように・・・。

ジーン・ハックマンの(本当は悪い)保安官、モーガン・フリーマンの三人の役柄も際立っていて、わかりやすく良くできた作品!
posted by 映画のせかいマスター at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

パレード #1364

2010年 日本 120分

シナリオがうまいなと感じた。ルームシェアの人間関係が良くわからないまま、香里奈と藤原竜也が登場してくるところから、舞台作家の作品とばかり思い込んでいたら、吉田修一原作、行定勲監督だった。

私が舞台と勘違いしたまま見続けたんで、お笑い含んだ何気ない日常のまま終わる映画だとばかり思ってた。確かに複線は一番最初からちゃんと張ってあったんだけども。で、あの人がああなってて、実は・・・というところ、実に深い作品に仕上がっていた。これは流石に私もだまされた!!

5人それぞれ巧かった!藤原竜也いい役者になったねえ。あ、それと占い師の使い方。やっぱり巧いなこの脚本!
posted by 映画のせかいマスター at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

マーティン・スコセッシ

リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン (2014)
マラヴィータ #2193(2013)
ウルフ・オブ・ウォールストリート #2174(2013)
ヒューゴの不思議な発明 #1828(2011)
ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(2011)
Public Speaking(2010)
シャッター・アイランド #1363 (2009) 監督/製作
ヴィクトリア女王 世紀の愛 (2009) 製作
ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト (2008) 監督/出演
ディパーテッド #1112 (2006) 監督/製作
ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム #2532 (2005) 監督/製作
アビエーター #523 (2004) 監督
ライトニング・イン・ア・ボトル 〜ラジオシティ・ミュージックホール 奇蹟の夜〜 (2004) 製作総指揮
シャークテイル #242 (2004) Anime 声の出演 サイクス
ピアノ・ブルース (2003)<未> 製作総指揮
アメリカン・ニューシネマ 反逆と再生のハリウッド史 (2003)<未> 出演
チャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アート (2003) 出演
ゴッドファーザー&サン (2003) 製作総指揮
フィール・ライク・ゴーイング・ホーム (2003) 監督/製作総指揮
デビルズ・ファイヤー (2003) 製作総指揮
ロード・トゥ・メンフィス (2003) 製作総指揮
ソウル・オブ・マン (2003) 製作総指揮
レッド、ホワイト&ブルース (2003) 製作総指揮
ギャング・オブ・ニューヨーク #341 (2001) 監督/製作
ユー・キャン・カウント・オン・ミー (2000)<未> 製作総指揮
マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行 (1999)<未> 監督/脚本/出演
救命士 (1999) 監督
ハイロー・カントリー (1998) 製作
ステューピッド・イン・ニューヨーク (1997) 製作総指揮
クンドゥン (1997) 監督
グレイス・オブ・マイ・ハート (1996) 製作総指揮
カジノ #581 (1995) 監督/脚本
クロッカーズ (1995) 製作
サーチ&デストロイ (1995) 出演/製作総指揮
ディレクターズカット ウッドストック/愛と平和と音楽の祭典 (1994)<未> 監督/編集
クイズ・ショウ (1994) 出演
エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事 (1993) 監督/脚本
恋に落ちたら・・・ #939 (1993) 製作
キング・オブ・アド (1991) 監督
ケープ・フィアー #1456 (1991) 監督
真実の瞬間(とき) (1991) 出演
グリフターズ/詐欺師たち (1990) 製作
グッドフェローズ #1222 (1990) 監督/脚本
夢 #399 (1990) 出演
ニューヨーク・ストーリー (1989) 監督
最後の誘惑 (1988) 監督
ハスラー2 (1986) 監督
ラウンド・ミッドナイト (1986) 出演 NYの興行師
アフター・アワーズ (1985) 監督
キングオブコメディ #1117 (1983) 監督
レイジングブル#439  (1980) 監督
ラスト・ワルツ (1978) 監督
ニューヨーク・ニューヨーク (1977) 監督
タクシー・ドライバー #642 (1976) 監督/出演 タクシーの客
アリスの恋 (1974) 監督
ミーン・ストリート #1457 (1973) 監督/脚本
明日に処刑を… (1972) 監督
ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間 (1970) 監督/編集
ドアをノックするのは誰? (1968)<未> 監督/脚本
posted by 映画のせかいマスター at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 監督別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャッター・アイランド #1363

2010年 アメリカ 138分

予告編で見て、是非見てみたいとパンフレットに釘付けになっていた映画をようやく見ることができた。映画館に行く気満々だったのに、行かなかったのは、あるMLでこの映画見た人の感想が、まったく面白くなかったということだったからだ。じゃー見に行くの止めよう、ってことになったんだけども、見たら面白かったぞ。くそー!私も今後も面白くないと書くことは極力止めよう!!

というわけで、最初のパンフレットの印象は、古典的な謎解きだったんだけど、古典的なことはスコセッシ監督がわざわざやることではないってことで、幻覚系の話だ。これはネタばれじゃないよね。まだ?

ラストは何通りか解釈できて、やっぱりもう一度見直さないと、わかったようなわからないような。でも最後の最後まで、何なんだこれは的な雰囲気が続いてる。あーこの話はこうだ、と決め付けてかかっちゃうと、最後まで楽しめないかもしれない。

妄想話はキリがなくって個人的には好きではないけど、それでも十分楽しめた。
posted by 映画のせかいマスター at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする