2011年10月31日

尼僧物語 #1474

1959年 アメリカ 151分 銀幕の妖精オードリー・ヘプバーン

 尼僧や修道院の歴史的な意味はさっぱりわからないけれど、この世界スゴイですねえ。日本で言えば相撲界とか、とにかく文化的な意味を込めた閉鎖的な社会とか、もっとアングラなヤバイ世界とか想像しちゃいました。

 で、アフリカに渡って、とてもとても崇高な事業をされてる。主人公は最後、その役割を降りることになるのだが、そこに至る葛藤も興味深い。欲望を捨てて、ここまで気張って行きなくちゃならないのか?宗教は宗教だし、現在どうなっているかわかんないけど、一回こういう世界があることを小学生とか中学生に見せてやりたい。

 ところで、オードリー自身も、1988年ユニセフの親善大使に任命されて、世界のこどもたちのために、世界中を旅している。なんらかのこの映画の影響があったに違いない。

posted by 映画のせかいマスター at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

摩天楼はバラ色に #1473

1987年 アメリカ 110分

なんとなく80年代を象徴するような雰囲気の映画で、現代にどうしてこういう切り口で映画が作られてないのかわからないけど、完成度はかなり高いと思う。コメディとシリアスをうまく使い分けられるマイケル・J・フォックスの魅力によるものも大きいだろうけど、すり替えのドキドキとか、そんなこと実際無いだろう的な部分は最近はウケないのかもしれない。

会社が吸収されて首になり、ニューヨークのおじさんを頼って口八丁で入社。一目惚れした役員の女性に近づこうとあの手この手。会社の手紙の配送係なのに、勝手に手紙読んで情報仕入れて重役会議に乗り込んでいく。おじさんの奥さんに気に入られ、ベッドを共にする。そこでおじさんが会社の女と浮気していることを知るが、なんとその相手は一目惚れした相手。不思議な四角関係の結末は・・。そして買収されそうな会社はどうなってしまう??

なんて、あり得ないといえばそれまでかもしれないが、わくわくドキドキで、面白い。この時代のこういう映画、好きだなあ。



posted by 映画のせかいマスター at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜 #1472

2010年 アメリカ 95分

『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップス監督によるコメディ。ザック・ガリフィアナキスのキャラでまたまた遊んじゃいました、今度はロバート・ダウニー・Jrまで付きあわせちゃいました、ッテ感じの作品。

昔こんな映画見たことあるなと思ったら、多分これ大災難PTA 昔「大〜」っていう題名のコメディ映画にハマって見てたんだけど、あまり映画史には残ってないみたいで、今はもう見れないかも。

posted by 映画のせかいマスター at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔法使いの弟子 #1471

2010年 アメリカ 110分

ディズニーのファンタジアをリメイクしてすごい冒険活劇に仕上げた作品。弟子の成長物語で何作も作れそう。続編で何度もおいしい!?

その弟子役のジェイ・バルシェルは日本のオタクのような大学生。小学生の頃に迷い込んだ家で魔法使いに逢い、そのトラウマを抱えている。その時会った魔法使いニコラス・ケイジは、10年の時を超えてようやく閉じ込められた壺から出ることができた。魔法を使ってかつての恋人を取り戻し、世界破壊を企む悪の魔法使いから守れるか?

ヘタレ弟子とアイドルがハッピーエンドでわかりやすく、画像もファンタジック!子供と一緒におすすめ映画です。

posted by 映画のせかいマスター at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

吉原炎上 #1470

1987年 日本 133分 五社英雄

公開当時は高校生でオンエアされたTVを見た記憶はあるけれど、ただのHシーン目的で、本質的な部分はさっぱりわからなかった。しかし今見ると、なんだかスゴイ映画である。人間を真正面から捉えたドラマだ。Hシーンと言えば二宮さよ子が、自らの技を身をもって名取裕子に伝授するシーンは超セクシーだった・・・。と、下ネタは置いといて・・。

吉原の女郎になったばかりの名取裕子が、客ともめたり(井上純一、こんな役ばっかりで笑った、櫂 #1420と同じような・・)、逃げ出したりのトラブルを起こしながら、前述のシーンをきっかけに一流の花魁になっていく。

かつてベスト3だった藤真利子は、客との結婚話を信じて金を用意するが、嘘だとわかって暴れるうちに自殺。西川峰子は病気して最後は狂ってしまう。態度が悪く追い出されたかたせ梨乃は、めでたく結婚した・・はずだったが、浮気されてまた吉原に戻ってくる。

そんな中、名取裕子は上客にも恵まれ、どんどん地位を上げていく。客の根津甚八とのプラトニックな恋は成就するのか、と思いきや・・

男女共同参画が叫ばれている現代では、この映画の様な部分は闇に葬り去りたいところなのかもしれないけど、それはそれで現代でも無くなってないわけだし、ここをテーマにするのって難しいんだと思うけど、それをなるべく感じさせないようなセットや衣装、細部に拘った作りはスゴイと思った。自分のいるところは嘘の世界だとわかっているけど、それでも男に頼らねばならない、幸せは別のところにあると思う、そんな中で花魁道中っていう華々しい祭りの実現を夢見る女。その世界じゃなくても仕事に生きる人なら一度は同じような思いをしていると思う。見かたはそれぞれで、深い作品。最後に全焼してしまうのも刹那的です。


いつもは主役級の緒形拳が、思わぬキャラで登場。笑えます。


posted by 映画のせかいマスター at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

妖精ファイター #1469

2010年 アメリカ 

WWEのロック主演。プロレスファンなのでロック様と言われたほうが早いんだけど、ドウェイン・ジョンソン名で出てる。俳優としてもそれなりの地位を築いたみたいでなによりだ。最近またプロレス界にも顔出してるけど。

で、かつてからの言い伝えであるトゥースフェアリー。日本には馴染みはないけれど、英国では抜けた歯を置いて寝たら妖精がお金をおいて行ってくれるらしい。それを小馬鹿にしたばっかりに、妖精の国に連れていかれたロック様が、妖精として働きつつ、アイスホッケーの選手としても人間としても威厳を取り戻していく。

ロック様のコメディーふうは見たくなかったなあ。どうせなら、そっち路線でも頑張って欲しいけど。

posted by 映画のせかいマスター at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋刀魚の味 #1468

1962年 日本 113分

小津安二郎監督の遺作。監督に関する書籍もたくさんある大人物だが、私はお初だ。中身はずいぶんと日常を切り取ったものだった。

笠智衆お父さんは妻は先立たれ、3人の子供がいる。長男佐田啓二は岡田茉莉子と団地に住んでる。冷蔵庫を買うからとお金をせびりに来て、ゴルフクラブを買い、妻に咎められている。長女の岩下志麻は、兄の同僚に密かな恋心を想いつつ、誰もそれに気が付かず縁談を進められている。次男の三上真一郎はいつもこういうポジションだ。

同窓会にお招きした先生の東野英治郎は今は飲食店を経営してて、すっかり立場逆転。こっちも妻に先立たれ、娘の杉村春子が家を切り盛りしている。娘は母親がわりで、嫁がないのも人生、ってところだろう。

最近のドラマを見ていると、いつ事件が起こるやら、とついついハラハラしてしまうのだが、友人が亡くなったというのも、料亭の女将をからかう嘘だったりして、平和に進んでく。しかしそれでも悲劇はやってくる。娘がついに嫁いでいくのだ。一人になった親父さん。娘からの御礼の言葉はわかってるからいいと、流している。

みんなテンション低いというか、淡々としててその中に温かみがあって、人間関係が豊かだと感じる。著名人のエッセイとかいろんなところで引用されるこの作品、見てないと損です。

posted by 映画のせかいマスター at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラえもん 新のび太と鉄人兵団 #1467

2011年 日本

3月に劇場で見たんですけど、書くの忘れてました。オリジナルは完成度が高く人気の作品で、私もこれは未だ覚えてます。鏡面世界というドラえもんならではのワールドが、あまりに巨大すぎるんだけども、そこをうまいこと使った迫力満点の作品。道具でピッポをかわいくしちゃったのが今回の特徴かな。

posted by 映画のせかいマスター at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやぶさ/HAYABUSA #1466

2011年 日本 130分 劇場で見た映画

 宇宙に興味があったわけではないけれど、去年のはやぶさフィーバーから、その名だけは知っていた(汗)。YouTubeの動画でその概要はわかったような感じだったけど、映画で2時間に詰め込むのはさすがに難しいような。それでもうまくはまとめられてて、私のような全くの素人にはところどころわかりにくい部分はあるものの、ほーそういうことね!って初級編でためになった。

 主要な技術者キャラは出てくるけど、他の技術者たちはいきなり出てきて、唐突感もある。そもそも映画化する時点で誰にスポットを当てて作るか、ってのが悩ましいとこだったんだろうけど、バイトしながら論文書いてるちょっとオタクな女性(実際にモデルは何人かの女性スタッフを組み合わせたそうだ)を主人公にすることで、男性の私からはどこに感情移入するか、まさかロケットに!?ってことで、焦点が定まらないまま終わってしまった。もちろん、誰か一人のおかげで成功したわけではなく、スタッフみんなの努力の賜物なんで、作中にもあったけど途中で現場を離れた人もいれば亡くなった人もいるだろう。特定の誰かにスポットを当てるよりも公平なつくりではあった。

 私としては裏にある苦労とか、そういうのを知りたかったんだけれど、そこはまた別の所で調べることにしよう。

posted by 映画のせかいマスター at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

捜査圏外の条件(1989松本清張ドラマ)#1465

1989年 火曜サスペンス

これ原作読んだような気がするんだけど未確認。妹を見殺しにされた男がその復讐のため会社を辞めて7年間遠くに住み、機会を伺う。相手が支店長に栄転し、飲み歩く日々が続いた時、その機会はやってくる。

7年間の遠距離生活が、自分を捜査圏外に置くための条件であったわけだが、それがバレタのが流行歌「神田川」だった。あと、同僚に情報を流すようお願いしてたのもやばかったねえ。

殺人事件起きても、怨恨とか全然関係ない人が殺してたら、なかなか捕まらないものですよねえ。未解決事件たくさんあるわけだし。自分を無関係にするのに必要な時間が7年?恨み続けることが出来る期間が7年?完全犯罪も大変です。

妹役の甲斐智枝美、2006年に自殺しちゃいましたねえ。古谷一行はこの頃から年齢不詳で前田吟と歳の差がわかんない。伊藤蘭ちゃんはやっぱりキレイだった。エンディングテーマは竹内まりやの「告白」でした。懐かしい〜!
posted by 映画のせかいマスター at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知られざる動機(1983松本清張ドラマ)#1464

1983年 火曜サスペンス

原作は短編「新開地の事件」。未読だが、このドラマは吉行和子の怪演ぷりがすごかった。赤線出身で、家の間借りをしている青年と関係を持ち、娘と結婚させる。旦那に現場を押さえられ、その怒りで脳卒中を起こした旦那を介護中に、事故に見せかけて殺す。娘の旦那つまりかつての不倫相手には、誰のお陰で遺産をもらえる立場になったんだと強気に出てる。

これで前半はドラマをグイグイ引っ張っていくのだが、残念ながら殺される。で、その犯人は?!って話なんだけども、登場人物これだけなんで娘かその旦那かどっちかしかないわけだ。このドラマ、それまで吉行和子の悪女ぶりでドンドン進んでたわけなのに、いきなり矛先が変わる。

しかし、あ、ここからネタバレです。原作を楽しみに読んでる方は注意。昔のドラマなんで書いちゃいます。しかし、義理の母親を娘(=自分の嫁)が殺す。でも犯人が強盗と思われたら遺産が嫁に行ってしまう。なので捜査の目を嫁に向けさせるために自首する、嫁捕まる→遺産は残された自分のところに・・・。なんていう小難しいことするのにわざわざ自首するかねえ。リスク大きすぎるだろ??しかもそれを見抜く刑事がいるなんて・・。

愛情がどうとかいうフレーズも途中あったけど、大学出た娘にあの青年じゃつり合わない、って言ってたのが、ケーキ屋を開業したら、そろそろ不相応になったか、なんていう親夫婦。妻の不倫現場を見て、元々お前は良くない所の出だから、と攻める旦那。正直すぎ〜。そういう時勢だったのかな?

娘役の藤真利子は、最後に罪を犯す訳だけど、それまでがあまりにも大人しすぎ。ギャップを狙った?

エンディングテーマは岩崎宏美の「家路」でした。
続きを読む
posted by 映画のせかいマスター at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

坂道の家(1991TVドラマ)#1463

1991年 TBS 松本清張TVドラマ

連チャンでBSでやってたんでこっちもチェック。基本流れは原作通りなんでほとんど同じ。黒木瞳といかりや長介ってのは、私の原作のイメージに近い。ヒモは沖田浩之。

ラストの捜査の布石は、どうも小説の方がうまく表現できるようだ。立て続けに見たので飽きただけかも。脚本もまるっきりとは言わないけど、最初の出だしのところは1983にかなり似てた。
posted by 映画のせかいマスター at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

坂道の家(1983TVドラマ)#1462

1983年 火曜サスペンス劇場 松本清張TVドラマ

だんだんTVドラマが増えてきてますけど気にしないでくださいね(←どれだけいるかわからない読者様)BSで、かつてのスペシャルコレクションとして再放送されていたので、チェックしました。

坂口良子主演で、なんか純粋なイイ女すぎて、もっと怖い感じのほうが良かったな。怖いといえば男役の長門裕之が、どんどんストーカー化してきて、暴力振るったり、強いオトコすぎた。なんか違和感あって原作を読みなおしてみたのですが、登場人物の性格があまり掴めなかった。私の感受性のせいだと思います。時代差?

若き日の石田純一が出てた。あと、ヌードシーンあって、明らかに吹き替えなんだけど、当時はそういうのでもよかったのかな?

エンディングテーマはおなじみ岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」でした!続きを読む
posted by 映画のせかいマスター at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

アウトロー #1461

1976年 アメリカ 136分 クリント・イーストウッド

 山賊に村を焼かれ、家族を失ったイーストウッド扮するジョージー・ウェールズが、たった一人反乱する。唯一の仲間も途中で討ち死にしてしまうが、新たな仲間も増え、ちょっとしたロードムービーのように進んでいく。

 南北戦争時代にアウトローを描くとこういう姿になるんでしょうね。歴史的背景はよくわかんなかったけど、イーストウッドはやっぱりこういう役が似合います。

posted by 映画のせかいマスター at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京島 #1460

2010年 日本 129分 桐野夏生

 原作読みました。確かに大筋は原作通り。でもなんか違う気がするんだけどなあ。木村多江が少しコメディチックなところだろうか?元々孤島モノが好きなんで、最初の展開にリアリティが感じられなかったってのもあるかな。原作にあったワタナベの文書はそのままカットされてる。窪塚洋介も悪くはないけど、原作のインパクトを考えたら、中国人サイドに入るとことか、アッサリ行きすぎてちょっと物足りない。原作者好みなんで、知らない人が見たらそういう原作かと思われあらいやだなあ。

posted by 映画のせかいマスター at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桐野夏生

だから荒野(桐野夏生ドラマ2015)#2115
東京島 #1460 (2010)
玉蘭 (2007)
魂萌え! (2006)
魂萌え! (2006)
OUT (2002)
柔らかな頬 (2000)
天使に見捨てられた夜 (1999)
顔に降りかかる雨(桐野夏生TVドラマ1994)#1488
posted by 映画のせかいマスター at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 原作者別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

俺たちの旅 三十年目の運命 #1459

2003年

正確には2005年に作られるべきだけど、2003年に作成された30年後編。アパートをふらりと訪ねるグズ六がワカメとばったり会う。この2人からスタートするパターンのようだ。2人とも男の更年期でぶらぶらしている。オメダを訪ねるグズ六は、まゆみからカースケらしき人物が漁港にいると聞かされ、訪ねてみる。この辺の展開、なんだか安っぽい。

カースケは前回社長になってたのが視聴者の評判が悪かったのか??漁港で自由に働いている。そこへ、中学生になった息子を連れた妻石井苗子が登場。息子をフリースクールに入れると言う。

30年後だけあって、子どものいじめや主要キャラの「死」がテーマだ。こんな話見たくはないとも思うが、寅さんも次世代につなぐことなく逝ってしまった。最後まで自由に一人で生きていくという訳にはいかないから、現代の問題にも俺たちの旅なりに取り組まないといけないのだろうか。

新キャラの十朱幸代が、カースケの息子の姿と重ねるかのような自分の人生を振り返る役で登場。脚本的には悪くはないんだけど、見たいのはこれだったのだろうか??

ちなみにオメダはかつての永島暎子の息子の入院費を肩代わりして怪情報を流されたりしながらも3期目の市長に当選。グズ六の会社は前回よりもすっかり若返った?紀子さんが主体で経営。ヨーコの子供の話は、カースケを見送るためのデマかせだったみたい。

そろそろ40年目だ。まだまだ元気な人もたくさん。でも見たいような見たくないような^^;

俺たちの旅 十年目の再会 #1454
俺たちの旅 二十年目の選択 #1458
俺たちの旅 三十年目の運命 #1459



posted by 映画のせかいマスター at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺たちの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

俺たちの旅 二十年目の選択 #1458

1995年

空港でオメダとヨーコが偶然会うところから始まる。なんだかすっかり雰囲気が変わってしまった。10年後版は、オリジナルのそのまま延長みたいな感じだったが、20年経つとやっぱり変わるものだなあ。確かに現実の世界もそんなもんだけど。20年の重みを実感する。

で、オメダはあれから持ち直し、後半で市長に立候補することになるまで成長。ヨーコは前の旦那と別れ、新たなご主人と新たな生命をもうけているらしい。一生懸命幸せになろうと生きてきた、というセリフがあった。(なんか、クサイ芝居が多かった気がするけど気のせいだろう)グズ六は人生の踊り場40代で、先の見える階段に嫌気が刺してつい魔が刺し、浮気したのがバレてのりこさんと別居中。一人暮らしの部屋にカースケが現れる。ワカメが若い女(なんと神田うの!)と不倫の末旅館の主人になってかつてのメンバーを招待するのだ。肝心のカースケは、結婚してこどもがいるのはいいが、女系の家系の会社の社長で、秘書にくっつかれて身動き取れないでいる。

話もカースケの子育て問題とか、どうもかつての話を期待しているとスッキリしないが、こんなもんだろうとは思う。最後にカースケが一人で旅立つのは、無理矢理な感じもしたけれども。ガッカリな印象を持った人も多いと思うが、まあそれはそれ、ってことかな。なかなかリアルでした。

のりこさんはすっかりおばちゃんになっちゃってるし、このシリーズ同じメンバーで続けるのも大変だなあ。

俺たちの旅 十年目の再会 #1454
俺たちの旅 二十年目の選択 #1458
俺たちの旅 三十年目の運命 #1459



posted by 映画のせかいマスター at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺たちの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

ミーン・ストリート #1457

1973年 アメリカ 110分
マーティン・スコセッシ ロバート・デ・ニーロ

 舞台はニューヨークのイタリア人街。ヤクザだけどそろそろ真っ当に生きたい男と、だらしなく女とギャンブルに金を落としていく男。のちのスコセッシ監督の作品にどこかつながていく作品。出演のデ・ニーロが若いせいか、青春映画にも見れる。

 ダメだダメだと思いながら、突っ走っていく姿見るの、疲れちゃった。この手の映画は70年代で十分ですね。日本でアイドル映画でこんなのよくありましたね。本日辛口

posted by 映画のせかいマスター at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

ケープ・フィアー #1456

1991年 アメリカ 127分
マーティン・スコセッシ ロバート・デ・ニーロ

 ワハハ!これは凄い!もう笑うしかない!ロバート・デ・ニーロが14年の刑期を終えて出所し、自分のかつての弁護士だった男に復習する。サイコサスペンスでもあり、最後はターミネーターみたいでもあり、B級映画っぽいところもなくもないけど、さすがスコセッシ監督、映像美や風景などなどしっかりした作品になってる。オリジナルの出演者が役を変えて出てくるところも監督ならでは。

 複雑なところはなにもなし、単純に楽しめる!つーか怖い!

posted by 映画のせかいマスター at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする