2011年10月04日

百夜行 #1449

2011年 日本 149分

 小説読んでるはずだけど、幻夜 #1352を見たとき覚えてなかった。がしかし、さすがにこれ見たら原作をしっかりと思い出しましたよ。

 堀北真希があやつる謎の男・亮司は出番があまりなくってミステリアスな存在。逆に堀北は怖すぎる役。長い年月を描いているので、2時間半だけどやっぱり足りない感じがした。怖い女とサポートする男、2人の絆を描くのは大変だろうけど、そこが逆に少し物足りない点でもあった。人気小説だけあって、話の展開は面白かった。
posted by 映画のせかいマスター at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする