2011年12月16日

コント55号水前寺清子の大勝負 #1507

1970年 日本 85分 野村芳太郎

10作を超えるシリーズがあるようだけど、初めて見た映画コント55号!中卒で集団就職に来た欽ちゃんと二郎さんが、喧嘩しながらいろんな職業を変えていき、ヒロイン長山藍子と妹役の水前寺清子にアタック!笑いの要素を増やすためかテンポ良く職業を変えてく。日プロ時代の猪木、山本小鉄、ユセフ・トルコらもプロレス編で登場。

映画としてはまあまあで、当時としても多分アイドル映画みたいな感じだったと思うんで、一つ一つの笑いどころは笑えないところもあるんだけど、野村監督作品で、大きく外してはいない。何と言ってもやっぱり欽ちゃんおもろい!このコンビが一世を風靡するのもうなづける。

それから水前寺清子。いい声だねー。彼女は何時の時代でもトップを取れる歌声だ。しんみり聞いてしまったよ。何気ない中に70年の世相が映し出されてて興味深かった〜!

posted by 映画のせかいマスター at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする