2012年01月13日

LOFT #1517

2006年 日本 115分 黒沢清監督

1000年前のミイラをめぐるホラー映画。相変わらず黒沢清作品は怖いポイントがよくわかんない。んだけれども、カメラワークとか細部の演出が凄くて、やっぱり怖い。インパクト勝負的なところも今回は多々あった。

まーただ、ミイラに興味があるかというと別にどーでもよかったりもするわけで、その点、西島秀俊の現実社会版をもっとサスペンスチックにしたほうが良かったような気もする。

posted by 映画のせかいマスター at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする