2012年04月26日

真木栗の穴 #1557

2007年 日本 111分

ちょっとB級っぽいホラーサスペンス。なぜかこの手の話、好きなんです。折原一の天井裏の散歩者とかね。覗き趣味ってこと?てへへ。

さらに、小説家が書いた話が本当になったり、現実と空想が入り乱れたり・・・。無駄な登場人物がほとんどいないのもいいです。あわよくば女編集員も話に絡んで欲しかった。

posted by 映画のせかいマスター at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする