2012年05月10日

理由(宮部みゆきドラマ2012)#1564

2012年 宮部みゆき

原作は直木賞も受賞した作品。いろんなひとの証言で話が進む秀逸作で、占有屋という社会派ドラマも踏まえてて、さらには死んだ一家が実はバラバラで何の繋がりもなかったというミステリー。謎が謎を呼ぶ展開だけど、このドラマ版はさすがに最初のまどろっこしい部分はさらっと流してる。

テーマは「家族」かな。マンションを買ったけど、占有屋に取られてる第一容疑者は幼い頃家族を亡くし、今の家族を大事に思うがあまり借金してマンションを買ってしまう。そこに住んでいる占有屋の一人は、現状を何とかしたいと思いつつ、自らの不幸な過去から家族を作ってはいけないと思っている。その彼の恋人はそんな彼を家族に紹介するが賛成してくれるわけがない。操作する刑事もまた過去の事件で娘を車椅子にさせた傷を追って生きている・・・。

出来事には理由がある。一家4人の殺人事件に隠された理由とは?

寺尾聰、速水もこみち、吹石一恵、杉本哲太らが出演。
posted by 映画のせかいマスター at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

容疑者Xの献身 #1563

2008年 日本 128分 東野圭吾

TVシリーズは見てなかったんだけど、すんなり入れました。主人公の探偵のかつての親友を出すのは、ネタ切れ最終兵器に近い感じもしなくもないが、映画版のサービストラックだろうか。かつての友が犯人と探偵で対立するという、実際はなかなか無いだろうシチュエーション。二人ともキャラが濃く立ってて面白かったんは面白かった。数式の話はどうやって出したんだろう。

東野圭吾はこの作品で第134回直木賞を受賞。売れっ子作家になってから受賞するのは珍しいんじゃないかな。

posted by 映画のせかいマスター at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする