2012年09月06日

鉄道員(ぽっぽや)#1650

1999年 日本 112分 浅田次郎原作映画高倉健

仕事を終える男の物語だと思って見たが、てっきり駅長が定年を迎えたっていうドラマだとばっかり思っていた。北海道の路線が廃止になるっていう話だった。路線がなくなるということは、駅が無くなるってことで、ずっとそこで駅を守ってきた駅長もお役御免っていうことだ。そこまでの想像力はなかったなー。駅って、町のシンボルで、住んでる人は絶対一度は訪れる場所で、遠くに行ってた住人が帰ってくる時、通る場所。いつもは気づかないけど、ドラマはたくさんある。

この映画は、妻と子をなくし、一人で生きてきた駅長のいまの物語だ。過去と現在が入り交じって進んでいく。ところどころで駅を訪れる姉妹がいるのだが、それが娘の乗り移った姿のようである。浅田作品によく出てくるファンタジーだ。現実的なシーンの中に不思議な世界を映しだされてそれがなぜかうまく調和している。広末涼子が好演してる。

高倉健と小林稔侍、大竹しのぶはさすがって感じです。映画では珍しい志村けんや板東英二も登場!

しかし、ラストは・・。ちょっと意外で、僕的には・・うーーん!

posted by 映画のせかいマスター at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

俺たちの旅 第31-33話 #1649

第31話 大嫌いがやってきました

檀ふみニ話連続で登場。レストランの支配人をすることになった玲子(檀ふみ)が、面接の手伝いでバイトを探すって言うんで上京。バイト代欲しさにカースケが助手で面接に立ち会う。美人の外人板前(下関弁笑う〜)に色目を使うのが気になり、大事な面接の書類を忘れてしまう。一方会社の電話番張り付きのオメダは電話のベル恐怖症に悩まされる。

後半はすっかり恋の話。大嫌いがスキになって、素直になれない優秀な女の子。一気にキャラ立ちしてます。面接の書類を夢の島でゴミの山から探し出し、心ときめき続くのだ。

第32話 愛するってどういうことですか

檀ふみ3話連続登場。恋の話は核心へと。レストランの支配人としてアメリカへ旅立つ前にカースケに会いたい玲子、そしてラジオ局の上司に結婚を切りだされたよーこ。2人に迫られるカースケだけど、恋愛も仕事と一緒で、どちらも好きとか言ってる。このカースケとよ〜この関係って心理学的にはどう分析されるんだろう?どっかにサイトないかな??

カースケは結婚を勧めるが、結局よーこはカースケへの思いを捨てきれず断り、玲子はアメリカへ旅立っていく。まじめに人を愛するってどういうことなのかと、オメダらと悩むカースケであった。

恋愛話はなかなか踏み切ったとこまで無かったけど、今回は初めてカースケが真剣に悩みます。久々登場のグズ六家で、悩むカースケをバックにピントは食べるワカメ、同情するグズ六をバックにピントは食べるワカメの構図が笑った。

第33話 妹の涙をある日見たのです

カースケの妹みゆきが再登場。どうやら高校の先生がきになるようだ。カースケは喫茶店でバイト。窓際の気になる女性(山口いづみ)にもらったライターを大事に持ち歩いていた。女性は彼氏にフラレ自殺してしまう。妹のことが気になるカースケはついつい帰りが遅くなったみゆきを殴ってしまう。

相手の高校の先生は、子持ちの30男にはみゆきは眩しすぎる、と至って真面目な返答で、みゆきの恋は終わる。自分のことはいい加減なのに、妹のことになるとやけに真剣になるカースケ、対称的にオメダの妹岡田奈々の天真爛漫さがドラマにイイ隠し味になってます。



posted by 映画のせかいマスター at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺たちの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

アトランティスのこころ #1648

2001年 アメリカ 101分 スティーブン・キング
原作は5つの話からなっていて、映画版はその中の2つから構成された。原作は読んでないが、映画では仲良しだた三人組の一人が亡くなり、その葬儀に出るところから始まる。青春ストーリーの幾つかはこういう振り返り系が多いですね。

3人組、そしてある老人の交流を描いているのだが、その老人はある特殊な能力を持っていた。印象に残るシーンのほとんどは、少年時代の淡い思い出なんだけど、それと対比して、大人の世界、しかもちょっと怖い世界がすぐ近くにある、ってのにニアミスしながら、それでもやっぱり子どもは子供らしくってところ。

それが、その老人の能力によるものでもあり、母親のエゴであったりして、主人公は傷つきながらも強く成長する。この強く成長ってのが、スタンド・バイ・ミーとかにもあるようなキングの小説の良い所だと思う。(読んだこと無いけど)

アンソニー・ホプキンスが好演!

posted by 映画のせかいマスター at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

隣のヒットマン #1647 

2000年 アメリカ

夫婦仲が冷めきっていた歯科医師の家の隣にひっこしてきた男は、名のあるヒットマン!どんな事情があろうと人を殺すのは良くないと考える歯科医師は、ヒットマンの情報を追う組織に拉致されてしまう。しかしなぜ自分がヒットマンを知っていると組織にバレたのか??実は裏で彼を殺そうと妻が動いていた!

と、書くとサスペンス風だが、実際は巻き込まれ型コメディ。ヒットマンの妻はヒットマンが死ねば自分に財産が入り、追っているのだが、歯科医師がその妻と懇ろに。で歯科医師の助手は実は妻から送られてきた刺客だったんだけど、これがヒットマンとくっついちゃう。

最期は歯科医師ならではのウルトラCのトリックで円満解決!いろんな殺し屋が入り交じって笑えます!

posted by 映画のせかいマスター at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする