2012年09月28日

アメリカン・グラフィティ #1688

1973年 アメリカ 110分

60年代のアメリカ、卒業式の夜、別れ別れになっていく高校生たちを描いて大ヒット。

この映画の功績はすごいと思う。サントラ盤だけでも、かなりの人が60年代ミュージックを好きになり、その都度この映画のシーンを思い浮かべていることだろう。見るのも何度目かだけど、これがアメリカなんだと勝手に脳内で決めつけちゃってるから・・。

ルーカスもこの映画がなかったらその後なかったかもしれません。



posted by 映画のせかいマスター at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七年目の浮気 #1687

1955年 アメリカ 105分 ビリー・ワイルダー監督
奥さんと子どもが避暑地に行っている間に、アパートの上の階の美人の住人が家に来て意気投合。浮気ごころがムラムラと・・・。

妄想ネタとか、大袈裟に考え過ぎちゃったりとか、これぞコメディ。そもそもオープニングから笑えるし、全然関係ない石器時代の話なんて(笑)
でも当時は不倫ネタなんで映像をカットしなくちゃならなかったり、モンローの夫が地下鉄のスカートのシーンを見て激怒して離婚しちゃったり(Wikiより)大変だったらしい。今見たら可愛いもんなのにねえ。
モンローは、その気があるのか無いのか、不思議なキャラで登場。ブロンド美人というやくどころで、名前もない。台詞の中でマリリン・モンローだったりして、とか言われてるんで、モンロー役と言ったところだろうか。

ワイルダー監督さすがです!

posted by 映画のせかいマスター at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする