2012年12月31日

一枚のハガキ #1755

2011年 日本 114分

新藤兼人監督が98歳で撮った作品。今年亡くなられたので遺作となった。映画界には元気な方が多いけど、流石にこの記録は抜かれないだろう。てか、記録とかどうでもいいくらい、迫真の作品。

戦争で家族を失って、残った人間もまたつらい目に遭う。一枚のハガキの返事も検閲のため書けないまま戦死した男の代わりに、メッセージを伝えに行った戦友が男の妻と会話を交わし、食事をして、なぜ男は死んで自分は生きてるのか、悩みを共有してく。

川の水をくみ、火を焚いて、お金は無くとも、スローライフでひつそり生きていく。そんな大竹しのぶの迫力ある演技にド肝を抜かれ、KY?ぼいけど人情味溢れる大杉漣に古き良き時代を感じながら、主人公の豊川悦司が再生していく姿が力強くて良かった。

当事者たちは、こういう風に戦争を感じていたんだな、と思いつつ、いい映画でした。

posted by 映画のせかいマスター at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

警察日記 #1754

1955年 日本 110分 森繁久彌

森繁久彌、三國連太郎出演の人情コメディ。山田洋次監督が選ぶ日本の100選喜劇編にて。
Wワイラーの探偵物語 #1438にちょっと似ている。殺人事件は起きないけど。いろんな人が警察にやってきて、あれこれ起こる。日常を警察で切り取ったらこんな感じなんだろう。大臣が不人気で一般の人が集まらないとか、昔も今もやること一緒ですね。
山本晋也監督が絶賛していた。
posted by 映画のせかいマスター at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

熱い空気(松本清張ドラマ2012)#1753

テレビ朝日開局55周年記念作品

家政婦は見た!の原作です。今回は米倉涼子主演で、コミカルに進んで行く。家政婦の時は不細工メイクをしているものの、キャラとしては市原悦子の方がそれっぽくてキャラ立ちしてる。彼女に白羽の矢が立ったのは、去年の家政婦はミタの松嶋菜々子を意識してのものだろう。

前半は原作に沿った進行なんだけど、米倉涼子はオリジナルのキャラクターで、何とも言えない新・家政婦を魅力たっぷりに演ってます。悪ガキとは対峙し、チクリの投書はするし、手紙は勝手に開封しちゃうし、ハチャメチャで、仕事もできるわけじゃない。妻(余貴美子)からは追い出されそうになるのだが・・・。

現代の設定なんで、ケータイの動画が使われてたりするのだが、夫と愛人のやり取りは手紙だし、旅館にはチフス菌を撒かれるし、カラオケで歌う歌は中島みゆきのわかれうただし、という古い設定も生かしてる。

後半は、事件はさほどたいしたことなく、家政婦の過去にまつわる話にスポットが。見たとミタの中間のような感じだったが、でもとにかく面白かった(^ ^)
posted by 映画のせかいマスター at 08:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

霧の旗(松本清張ドラマ1991)#1752

松本清張作家活動40年記念

もう何度も映像化されている定番。今回は主人公の女を安田成美、弁護士を田村高廣。田村兄弟は存在感がありますね。田村高廣は最初見た時は印象に残らなかったのだけど、嫌味のない外見から、いつの間にか見るものを魅了する。このドラマは捜査の進み方を細かく描いていて、死体の写真から状況を推理したり、最近のドラマでは規制かかって出てこないようなシーンも。夜の公園のシーンで何気なくいちゃつくカップルが写ってたり、いい時代の土曜ワイド劇場ですな(笑)

あらすじはわかっているものの、主人公が復讐するアイデアは何度見ても秀逸。弁護士の愛人が殺人事件の犯人にされてしまい、重要な目撃者として主人公がカギを握る立場になる、っていう、すごい偶然もこの設定の前では必然に思えてしまう。逆恨みとしか思えないむごい仕打ちなんで、女の役はどこか憎めないところがある女優さんじゃないと務まらない。その点若き日の安田成美はおよそサスペンスには似つかわしくない魅力でイイ。

霧の旗(松本清張ドラマ) #651
霧の旗 #1257 松本清張、山田洋次
霧の旗(松本清張ドラマ1991)#1752
霧の旗(2003年松本清張ドラマ)#1532
posted by 映画のせかいマスター at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼畜(松本清張ドラマ2002)#1751

火曜サスペンス劇場1000回突破記念作。

ある日愛人が3人の子どもを連れてやってきた。しがない印刷工場の個人事業主の亭主(ビートたけし)は、子どもを引き取るが、次第に生活が圧迫していく。妻(黒木瞳)も子どもたちをもてあますようになる。そんなある日一番下の乳児が事故で死んでしまう。この日を境に子どもたちを疎ましく感じるようになった夫婦。ついに2番めの子どもを花火大会のドサクサで捨ててきてしまう。

イメージ的には愛人役の室井滋のほうが妻で、黒木瞳が愛人なんだけど、黒木瞳は妻役でなければ成り立たない。なぜならタイトルの鬼畜が指すのは、少なくともこのドラマでは妻のほうだからだ。あなたの子どもじゃない、と夫を説得し、子どもを消すよう諭す。そもそも最初の事故も事故だったのかどうか疑わしい。愛人と対峙しても怯むこと無く、町工場の妻の強く生きる様を演じている。

そしてやっぱりたけし。清張ドラマでは刑事役が多いが、この人はやっぱり犯人役が似合っている。役者の仕事は制限しているのか、なかなかお目にかかれないが、存在感は抜群だ。貴重な犯人役を存分に楽しんで見れた。

原作も読んだが、最後にバレるトリックは印刷工場に勤めていた清張ならではの、印刷の石である。クライムノベルの先駆けとして、良いドラマだった。

鬼畜 #1254 松本清張
posted by 映画のせかいマスター at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

十万分の一の偶然(松本清張ドラマ2012)#1750

テレビ朝日55周年記念作品

二度目のドラマ化。高速道路で事故死した娘(中谷美紀)と、その事故現場を十万分の一の偶然でカメラに収め、大賞を受賞したカメラマン(高嶋政伸)を追って、事件の真相に迫るため、父親の田村正和とジャーナリストの松下由樹がタッグを組む。

どうしても古畑任三郎のイメージで見てしまうからなのか、犯人との対決シーンに注目してしまう。今回は古畑じゃないんで、謎解きを知らないのだが、どっかでボロが出るんじゃないかなんてねー。

他のキャストも豪華で、娘の婚約者役で小泉孝太郎、同僚カメラマンに若村麻由美、これがまたキレイ!何歳じゃこの人。看護婦役で内山理名。高嶋政伸もスキャンダルあって役者として厚みが増した感じだ。

posted by 映画のせかいマスター at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名探偵コナン 天国へのカウントダウン #1749

2001年 日本 100分

劇場版5作目。西多摩市に超豪華ツインタワービル(もちろん架空、田舎者の私は本当にあると思っちゃった)を舞台に連続殺人を解決する。ツインタワーがラストを盛り上げる。もちろんそこに行き着くまでの伏線もバッチリ。30秒カウントとか、毛利小五郎が当てた車とか。

やたら大人っぽい小学生(灰原哀)が出てきたり、コナンを巡って恋愛争いが勃発したり、本当に小学生?^^;シリーズをあまり見ていないので、人間関係がわからなかったりするのだが(悪の組織は何者だ?)、それでも面白かった。謎解き云々は、そうでもないのだが、毎回毎回場面設定がすばらしい。
posted by 映画のせかいマスター at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

鉢植を買う女(松本清張ドラマ1993) #1748

テレビ朝日 土曜ワイド劇場

主人公の女が池上季実子で、ちょっと綺麗すぎな感じが。杉浦役の布施博はバッチリハマってるけど。事件が起きるまでに90分かかるんで、謎解きはほとんどない、というか、探偵役は出てこない。完全犯罪として終わっちゃう。庭に咲いた花だけが何かを物語る。

主人公の女の気持ちをナレーターの岸田今日子が代弁するのがちょっと古っぽい気がしたが、最後のこれは完全犯罪と言うよりは完全支配、完全な所有だってところはウマイと思った。

その他秋本奈緒美、羽場裕一らが出演。

鉢植えを買う女(2011松本清張ドラマ)#1484
posted by 映画のせかいマスター at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

事故(松本清張ドラマ2012)#1747

テレビ東京水曜ミステリー9

同時期に見た2002年版に比べるとインパクトでは負けるが、ほぼ原作通りの安定した展開。主役が運送会社の社長・高橋克実になっている。スマホに買い換えてうきうき〜とか時事ネタも入れながら、立ち上がりはゆっくり進んでいく。
事故にあった家の奥さんが野村真美でちょっと地味なんで、2002年版みたいな感じじゃないんだろうな、とは思いつつ、ちょっとお笑いも入れつつのオチのあるドラマでした。
posted by 映画のせかいマスター at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事故(松本清張ドラマ2002)#1746

火曜サスペンス1000回記念作品で2時間半の特番。
最初の事故から運転手の死まで一気に展開。そのぶん、被害者の家庭の不倫問題が、じっくりと進む。かと思いきや、奥さんと探偵が速攻でそんな関係にふらふら
実は探偵の夫婦もうまくいっておらず、二組の夫婦のドロドロの関係が深まっていく。ラブサスペンス風に進み、冒頭の事故はそんな中で起こったものだったのだ。タネ明かしするけど、浮気調査で探偵の妻が仕組んだもので、事故のドサクサで家の中にいる浮気相手を突き止めようとしたわけなんだけど、まさか自分の夫が出てこようとは・・!

奥さんと別れたくない探偵の暴走が始まる。奥さんの役を斎藤慶子、浮気調査の探偵役を古谷一行。この二人のドロドロが面白い。別れる別れない、旦那と復縁、妻と別れたい夫、エゴの応酬が行き着くところとは!?

さすが記念特番だけあって、うまく原作を脚色している。最初の速いペースもこれなら納得!

posted by 映画のせかいマスター at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

状況曲線(松本清張ドラマ1994) #1745

1994年 テレビ朝日

談合をテーマに起こる事件を描く。

財津和夫が事件にニアミスして、追いこまれていく役、似合いますわーい(嬉しい顔)ガーベラの花びらが効果的に使われている。

主人公は財津の部下の村上弘明、前半は二枚目の正義漢だが、刑事の蟹江敬三に追われるうちにだんだん怪しく見えてくる。

芸者の七瀬なつみが事件の鍵を握る。

談合へのツッコミはいまいち、謎解きに重点を置いてる。
posted by 映画のせかいマスター at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

7月4日に生まれて #1744

1989年 アメリカ 145分 オリバー・ストーン監督トム・クルーズ

7月4日に生まれた少年の生い立ち、きらびやかなパーティーのシーンから一転、舞台はベトナムへ。誤って村民を一網打尽に殺してしまった兵隊が、その後もパニックになってしまって仲間を撃ってしまう。これ、実際に撃ったのかどうかは、わからないのだが、記憶の中では自分が殺したということで止まっている。

そんな彼が自身も損傷を負い車椅子生活になってアメリカに戻り、反戦運動をしていく姿を描いている。主人公ロン・コーヴィックの書いた自伝が原作となっているので、実際にあった話だろうが、ベトナムの戦地とアメリカ本土でのコントラストをうまく描いている。

戦争のシーンはわずか15分程度なのだが、負傷したシーンとかリアルでインパクトがあるし、その後の病院のシーンもかなりのものなので、その後のアメリカでの話を見ている時も頭から離れない。それはまた主人公も同じようで、ずっと自分が撃ったベトナム村民や部下のことが忘れられないでいる。

最後は部下の親と会い、再生への道を切り開いていくのが救いだ。なかなか迫力のある作品だった。

posted by 映画のせかいマスター at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

黒い樹海(松本清張ドラマ1997)#1743

1997年 テレビ朝日

黒い樹海2005年版

旅行に行く姉が余貴美子、探偵役の妹が水野真紀。怪しい男に火野正平、その友人のDrが神田正輝。すぐに殺されちゃう役であめくみちこが出ているんだけど、この人ひょうきん族で薬師丸ひろ子のモノマネでブレイクした人だったねー。その後舞台とかで知り合った佐藤B作とご結婚されたそうで。懐かしい!

で、水野真紀はこの頃若くて美人。今もだけど。仕事に目覚めるOLの役がよく似合う。火野正平に口説かれつつも、姉を見殺しにした犯人を突き詰めていく。第二第三の殺人が余計だといつも思う。
posted by 映画のせかいマスター at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

007スカイフォール #1742

2012年 アメリカ 143分 007シリーズ劇場で見た映画

シリーズ第23作めにして50周年記念作。監督もキャストも代わりながら50年も続く映画のシリーズは他にはないだろう。それだけ全世界が注目して愛されている映画なわけで、最新作を作るにはかなりのプレッシャーと喜びがあるものと思う。

今回も初っ端から列車の上でのアクション。オクトパシーへのオマージュかな。トルコでの街中をバイクで滑走するシーンから飛ばしまくる。ボンドを援護するためイヴが放った弾丸が当たったのはなんとボンド。ボンドは死んだと発表される。

その後も上海、香港と世界中を回りながら、今回の敵と遭遇!ノーカントリーの主役だったハビエル・バルデムはさすがの存在感。過去の事件でMに恨みを持っているようだ。一度は捉えられるが、モノスゴイ手段で脱出、Mを追い詰める。地下鉄が突入してくるシーンはたまげた!

ラストのスカイフォールでの攻防はホームアローンっぽくてちょっと笑った。Qも若返ったし、新シリーズから続くMのネタも一段落、そして新登場したとある人物(上映中なんで伏せておきます)も加わり、まだまだこのキャストで続いて欲しいクレイグ・ボンドシリーズである。



posted by 映画のせかいマスター at 08:38| Comment(0) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

007慰めの報酬 #1741

2008年 アメリカ イギリス 108分

シリーズ22作目、新シリーズ第二弾!カジノロワイヤルの一時間後からスタート!いきなりのカーチェイスに続き、前作の飛行機爆破犯なみの街中を追い回すアクション、海では船でドンパチやって、ラストは大爆発、撮影中も事故が多かったそうで、CGっぽくない骨太アクションでした。

疑いのある人物をボンドが殺しちゃうんで、Mもついにブチ切れて停職にしちゃったりもする。ボンドもちょっと感情を露わにするシーンもあったりして、エスカレートするシリーズを一旦元に戻すような感じもする。

話のつながりがあるのも確かに面白いけど、長年続くシリーズなので、なにも考えずに見れるのもいいかも。その点、序盤は話(と言うかアクション)の展開が早くて、考える余地すらなかった。途中からジワジワ「カジノロワイヤル」の登場人物が・・・。

しかし、このシリーズを今でも劇場で最新作見れるって凄い!もっと凄いのは歴代ボンドが今も私生活ボンドっぽいところ。みなさん元気ですね〜
posted by 映画のせかいマスター at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

書道教授(松本清張ドラマ1995)#1740

1995年 テレビ朝日土曜ワイド劇場

風間杜夫が女を絞め殺すシーンからスタート。美しい未亡人(多岐川裕美】がやっている書道教室にあらぬ妄想をかき立てたばかりに起こした殺人事件。一時はバレずに逃げることが出来ると思っていたが・・。

趣味のない男がパチンコで知り合ったホステスにハマり、別れるのにお金を要求される。丁度行きつけの古本屋の奥さんが殺されたことを知った男は、書道教室とは名ばかりで、実際は連れ込み旅館ではないかと疑う。そこで起こった殺人を隠すために悪の組織が死体を捨てに行ったと読む。そして自らも殺人を犯し、その妄想の通り、死体は消える。

事件はひょんなことから判明する。男の妻(原日出子)が空き巣に入られ、お気に入りの着物を盗まれる。どこかに質流してないかとしつこく探していた妻はある日同じ着物を着ていた女性を見つける。警察に通報するとそこにはなんと盗品売買の組織が浮かび上がる。その拠点としていたのが・・・。

2時間ドラマに持って来いの原作。読んでる時はドラマっぽいとは思わなかったんだけども。
posted by 映画のせかいマスター at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

24シーズン3#17-24 #1739

海外ドラマ

悪役交代の後、すぐにまた本当の黒幕が現れた。シーズン1のドレーゼンを追い詰めた時の関係者サンダース(あとで読み返して名前入れておかないと忘れるんで入れました^^)のようだ。なにせウィルスを持っている強みから、大統領も彼の言葉に耳を貸さずにはいられない。

後半の展開はCTUのメンバーの生き残りだ。まずは現場に向かったミッシェルとガイル。ウィルス感染してしまうのか!?そして1,2でもちょこちょこ出てきて嫌われ役だったライアン・シャペルの身にもいきなりピンチが!シーズン3ではなかなかいい働きっぷりだったが・・。さらに身代わりで現場に赴くことになったキムにも魔の手が・・。

サンダース、なかなか手強い!まさかの人質を取り、ウィルスは各地に散りばめてる。確保のシーンは凄すぎて笑ってしまった!CTUメンバーは全員残って欲しい人ばっかり。一見どうでもいいような大統領サブストーリーも一服の清涼剤としていい味出してる!

がしかし、シーズン3でかなり整理されてしまった感じだ。シーズン4から出てこないのは淋しいが、また新たなキャラが登場するのだろうか??過去のシーズンに出てた人を再登場させたらそれだけで盛り上がるのにねえ。

ネタバレ無くして書けないので、ここから書いちゃうけど、シーズン2みたいな次に繋ぐような終わり方になるのかと思ってドキドキしたじゃない。車の中のジャックが泣くのも、裏があるんじゃないかなんて・・。1と2で、家族を守るため、感情むき出しで動いていたジャックが、今回は冷静に任務を全うしたのが、最後のシーンに繋がるってわけかな?帳尻合わせやがって(笑)

で、こっそりホテルを出ていた男が発病、ドラッグストアや病院の待合室から感染が拡がる可能性が・・・。の話はどうなったんだっけ?見逃したかな。

大幅に変わるシーズン4が待ち切れない!





posted by 映画のせかいマスター at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

007カジノ・ロワイヤル #1738

2006年 イギリス 144分 007シリーズ

ダニエル・クレイグの007新シリーズ。版権の問題が一段落したのか?小説の第1作が改めて映画化。67年のパロディ版も先に見ておいたほうが楽しめます。ストーリーはあまり近くないけどルシッフェルなど同じ登場人物も出てくるし、何よりパロディ版のバカバカしさが最高!

で、この新版もシリーズの良さを引き継ぎながら、良い感じでまとまってます。初の続き物で慰めの報酬に続くわけですが、もちろん単品で見ても十分面白い。車庫に入れとけと言われてわざとぶつけて車庫入れするボンドとか笑えます。結構ピンチにもなるんだけど、意外とあっさり脱出するところもシリーズの流れっぽくて(笑)で、ポカでピンチばかりのボンドに最大の試練が。ルシッフェルの拷問ワロタ。

ラストの家ごと壊しちゃう奴、あれ本物なんでしょうか?偉大な遺産じゃないの??

飛行機の爆弾犯人は役者さんじゃなくってその道のプロだそうです。
posted by 映画のせかいマスター at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする