2012年12月23日

熱い空気(松本清張ドラマ2012)#1753

テレビ朝日開局55周年記念作品

家政婦は見た!の原作です。今回は米倉涼子主演で、コミカルに進んで行く。家政婦の時は不細工メイクをしているものの、キャラとしては市原悦子の方がそれっぽくてキャラ立ちしてる。彼女に白羽の矢が立ったのは、去年の家政婦はミタの松嶋菜々子を意識してのものだろう。

前半は原作に沿った進行なんだけど、米倉涼子はオリジナルのキャラクターで、何とも言えない新・家政婦を魅力たっぷりに演ってます。悪ガキとは対峙し、チクリの投書はするし、手紙は勝手に開封しちゃうし、ハチャメチャで、仕事もできるわけじゃない。妻(余貴美子)からは追い出されそうになるのだが・・・。

現代の設定なんで、ケータイの動画が使われてたりするのだが、夫と愛人のやり取りは手紙だし、旅館にはチフス菌を撒かれるし、カラオケで歌う歌は中島みゆきのわかれうただし、という古い設定も生かしてる。

後半は、事件はさほどたいしたことなく、家政婦の過去にまつわる話にスポットが。見たとミタの中間のような感じだったが、でもとにかく面白かった(^ ^)
posted by 映画のせかいマスター at 08:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする