2013年01月28日

ブレーキ #1771

2012年 アメリカ 91分

私の好きな場所限定サスペンス。H25年1月はwowowでそういうシチュエーションスリラーの特集やってたんでチェックしました。まずは2012年のブレーキから。

車のトランクらしき所に閉じ込められた男が目覚めると、目の前にカウントダウンを繰り返す時計と、交信に使う古びた発信機があるのみ。似たような状況に置かれているらしき男と交信するがなかなか置かれた状況が飲み込めない。

どうやら男は大統領の行方を知るシークレットサービスの一員で、テロ集団が大統領の行方を探しているようだ。カウントダウンが終わると、男は殺されそうになるのだが、危機一髪でブレーキがかかる。

他にも自身が持っている携帯電話から別れた恋人と連絡は付くようだが、盗聴されているはずなので肝心なことはなにも言えない。

ラストは意外なオチで終わる。

一瞬あれっと思うが、最後まで見終わると、びっくり仰天!大どんでん返しは期待を外しませんよ。

ほとんどがトランクの中で展開されるので、こりゃ製作費安くて済みそう。こういうの、やっぱり好きなんですよねー。なんでだろ?(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする