2013年01月30日

赤いスキャンダル 情事 #1774

1982年 日本 72分

癒し系の水原ゆう紀と美人系の泉じゅんが交互にベッドシーンやってるにっかつロマンポルノ。水原ゆう紀はもっと美人顔だったと記憶していたが、年取ってやわらかくなったのかな。と言ってもこの時30くらいか。

大学教授の美しい奥さんが別に夫婦仲もよくて、不自由ないはずなんだけど、最後は売春婦になっちゃう。うーん、これぞロマン!(笑)なんかどっかでそういうストーリー求めてる男って、絶対いるよね、正直に言うぞ、俺はそうだ!!

戸川昌子の存在自体が昭和の香りがしてなんか良かったです。
posted by 映画のせかいマスター at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂った果実 #1773

1981年 日本 80分

根岸吉太郎監督のにっかつロマンポルノ。アリスの狂った果実から着想を得たそうで、なかなかの力作だ。主人公が、見た目もキャラも普通っぽくって、もっとギラギラした感じのほうがいいんじゃないかと思って見てたけど、ラストでの逆転のギャップがいいんだろうね、これは。

社会の底辺、っていつ頃から言われてた言葉なのかわかんないけど、昼はガソリンスタンド、夜は本番もありのあやしいバーで働く男が、暇を持て余した女に合い、どこかでひかれあうのだが、交わること無く、最後は破滅していく。破滅の仕方が、どこででも起こりそうで、リアルで、それでいて切なくて良かった!

ポルノ部分の担当は意外なことに永島暎子。こんな使い捨てのような!?役やってたなんて。

posted by 映画のせかいマスター at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOFT〜完全なる嘘 #1772

2010年 オランダ 111分

 それぞれの妻に内緒で、LOFT付きの豪華な部屋を借りた5人の男たち、鍵はそれぞれがもってて合鍵は作れない。そこに現れた女の死体!つまり犯人は5人の中にいる!?

 っていうシチュエーションのサスペンス。個人的には、この部屋から出ることなく、5人で推理しあって欲しかったなあ。警察の取り調べシーンとか要らない。過去のシーンも多かったし。

 オチまで見てしまえば、なんだそんだけか、っていう話なんだけれども、サスペンス的にはそれなりに盛り上がった。オランダ映画は初めて見たかな。


posted by 映画のせかいマスター at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする