2013年06月05日

ションベン・ライダー #1846

1983年 日本 118分

相米慎二監督の長回し撮影(よく知らないんで間違えて書いてたらごめんさい)が、今見ても斬新!カメラが左を向いたら、そのまま同じシーンが続いてて、撮影は苦労したんじゃないかと想像できる。NGはもちろんダメだし、よほど計算して撮らないと時間ばっかりかかっちゃう。

河合美智子、永瀬正敏はこれがデビュー作だそう。河合美智子は役名もそのままで、中学生くらいかな、男か女かわからないくらいだ。坂上忍も加えた3人組がヤクザに誘拐されたいじめっこを助けるために、先生原日出子を巻き込んで、命を削る。

とにかく展開が早くて、アップの映像が少ないんで、登場人物を追うのに精一杯になることもあるが、マッチの「ふられてバンザイ」とか懐かしい歌も満載で楽しく見れた。
posted by 映画のせかいマスター at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする