2013年06月21日

キャスト・アウェイ#1855

2000年 アメリカ 144分 トム・ハンクス

1994年の『フォレスト・ガンプ/一期一会』以来のロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演作品。普通の何気ない話かと思ったら、20分過ぎに急転、なんと飛行機が墜落し、無人島で一人でサバイバル生活することに。火を起こすところから狩り、筏を作って漂流するシーンと、過酷なロケが想像できるシーンが続く。

一緒に流れ着いた荷物から、スケート靴、バレーボール、ビデオテープなど一見無人島では使えそうなものばかり出てくる。スケート靴は斧として、ビデオテープはロープとして、バレーボールは顔を書いて唯一の友達として・・。

4年経ち救出された時には結婚を約束していた恋人は他の男性と結婚している。長期間の捜査で死んだと思われていたからだ。それでも思い出の品はそのまま残っている。

Fedex社の協力で、すべてにFedexが出てくる。飛行機落ちるとか縁起悪いのによくOKしたなあ。さすがは広告費w
posted by 映画のせかいマスター at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする