2013年10月03日

極道の妻たち 最後の戦い #1904

1990年 日本 116分

シリーズ4作目。これまで初回の岩下志麻に続き、十朱幸代、三田佳子と主役を交代してきたが、今回再び岩下志麻に。以後シリーズ10作目まで岩下志麻が主演、代表作とも言えるシリーズに。

今回はどちらかと言うと、シリーズにずっと出演してきたかたせ梨乃の出番が多い。ヒットマン役を自ら行い、最後のバーでの銃撃シーンは、女優のアクションシーンとして華やかでインパクトがあった。
哀川翔がチンピラ役で出てた。

途中を見てないんでわかんないけど、1作ごとに親分が代替わりしているのか、今回は4代目と呼ばれていた。
posted by 映画のせかいマスター at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする