2013年11月22日

孤独の歌声(ドラマW) #1948

2007年 wowow ドラマW

人気作家の原作が多いドラマWの中で今回は天童荒太原作より。確か原作読んだはずなんだけど、全く記憶が無い。何人かの軸で進んでいく。

青春時代に友人を置いて帰ったばかりに、友人が事件に巻き込まれたことをトラウマに持っている内山理名。
コンビニで強盗にバイト仲間が刺される福士誠治
家に女を連れ込んで異常な欲を満たしている山本太郎。

内山理名の友人(なんと小向美奈子)が山本太郎の被害者になったり、コンビニ強盗に山本太郎が絡んでいたりさいて、だんだんとリンクされていく。そしてクライマックスへと・・。

天童荒太って、なんか力強いメッセージがあります(原作を覚えてない私が言うのもなんですが)。それを映像でうまく表すのは難しいような気もします。多分このドラマも全てではないんだろうけれど、完成度を望みすぎるのも、どうかなと思う作家です。
posted by 映画のせかいマスター at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミヨちゃんのためなら全員集合!!#1947

1969年 日本 89分 ドリフターズ

「ミヨちゃん」っていう歌、忘れてた。駅のホームでドリフが歌うと確かに名曲!いかりやの低音が胸に響くぜ。

ってわけで、この歌をモチーフにしたと思われるドリフシリーズ第4作。ドリフ映画のパターンはいかりやと加藤がコンビを組んで一緒に住んでて、師弟関係になってるが加藤は目ざとくて仕方がない。今回も日記にゴリラを殺そう!とか書いてる(笑)仲本、高木、荒井注は3人でセットになってて、ライバルとか主要キャラは三木のり平とか俳優さんがでてる。今回はハナ肇が登場。クレージー映画じゃなくてもいいのかな。

マドンナミヨちゃんは倍賞美津子。加藤に恋され、他のメンバーと取り合いになる。なんとハナ肇の妹役。ドタバタコメディだけど、よくこんなドタバタハチャメチャできるよね。現代はこういうの、やらなくなっちゃったんで、ガス抜きできないんじゃないかな。
posted by 映画のせかいマスター at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横山秀夫サスペンス 第二弾 1:深追い 2:引き継ぎ 3:締め出し 4:仕返し(ドラマW)#1946

2011年 wowow

同じ警察署の4人の警察官が主人公の短編ドラマ。

交通事故処理を担当した遺族が昔の彼女、気持ちが昂ぶり彼女の家を度々訪れる。しかし彼女は自分が追われていると勘違いする「深追い」
伝説の泥棒が、自分のテクニックを引き継ごうとする「引き継ぎ」
かつていじめられていた男が刑事になって旧友を追い詰めるが、捜査本部からは締め出しをくらう「締め出し」
本部に栄転が決まった次長が、署内で死んだホームレスの事件から息子の意外な事実を知る「仕返し」

今回は同じ署内ということで、署長の伊武雅刀が通しで出てくるくらいで、それぞれの事件のつながりはないが、別の短編の登場人物がちょろっと他の作品に顔を出す。

警察の内部のいろんな事情に詳しい横山秀夫、あんまり関係ない私にはどこまで本当なのか想像もつかないけど面白い。
posted by 映画のせかいマスター at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする