2013年12月13日

北の零年 #1974

2005年 日本 169分

北の螢 #1874と同じような北海道の開拓ネタ。こっちは廃藩置県が行われる直前に藩の命令で北海道に渡った武士たちが、北の土地でも育つ稲の開発に奔走しているさなかに、新たな政府に変わり、自分たちの国として生きていこうとする話。

主人公は吉永小百合で、旦那が新たな稲のために札幌に出て行ったが帰ってこない。裏切りと揶揄されながら夫を信じて待つ妻の役である。途中、雪道でピンチになるのだが、そこを助けに夫の渡辺謙が通りかかるものとばかり思っていたら、それも違ってて、結局新政府の役人として戻ってくる。

西郷隆盛が九州で乱を起こしたので、馬を貸せと言われるが、みんなで阻止する。っていう時代。

吉永小百合のでてくる映画では、彼女の歳は気にしたらいけませんね。
posted by 映画のせかいマスター at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結党!老人党(ドラマW)#1973

2009年 wowow ドラマW

老人になって思い残すことは、とふと考えて、そうだ国会議員だと、一人で立ち上がった笹野高史。巣鴨の講演でボソボソと演説を始めるが、だんだんと声も大きくなり、賛同者も増えて、老人党を結成する。とは言うものの党を作る方法すら知らない。急遽法律の勉強もして、だんだんと勢力を拡大していき、対立候補の恐怖となっていく。

老人党っていう、(結構実際に起こりそうだけど)コメディチックな舞台で、どこまでドタバタを繰り広げるかがポイントだと思ってたけど、意外と感動ストーリーあり、コメディありのほのぼのドラマだった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヴの贈り物(ドラマW)#1972

2007年 wowow ドラマW

白川道の小説はいくつか読んだが、ハードボイルドコテコテってわけではないし、意外と読みやすいし、独特の世界観があると感じていた。映像になったら、原作の雰囲気を十分出していたんだけども、キャラ設定がなんかベタだ。死んだ実娘と同じ年くらいの娘と知り合って、イヴにプレゼントを贈り合って、温泉に行ったりして。初めてですとか言われてじゃあ大事にしなくっちゃだって。うーん、舘ひろしだから絵になるけど、俺だったら速攻酔いつぶれてるね。

しかもその娘には死んだ親父の借金が。ヤクザに追われて母親も亡くし・・。絵に描いたような不幸で・・。小説読んでる時は気づかなかったけど、映像になるとそんなことあるの?って突っ込んじゃう。

ま、でも宇崎竜童とか石倉三郎とか、渋い人たちの登場もあって、結構ハマって見ちゃった。原作は新潮文庫「星が降る」です。
posted by 映画のせかいマスター at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

尋ね人(ドラマW)#1971

2012年 wowow ドラマW

谷村志穂原作、夏川結衣主演のドラマW。母親(十朱幸代)が50年前に別れた男の手紙を大事に持っていて、なぜ彼は失踪してしまったのか、その足取りを追う。失踪者なんて何万人もいてまして50年前の話なんて見つかるわけがない、と探偵に言われ意気消沈するのだが、その探偵ともいい雰囲気になったりして。

あの時の〜は今どうしているだろう、と探すのはとてもロマンにあふれているストーリーだ。でもその中のいくつかは、とてもドラマにならないような、探さなきゃよかったという展開もあるに違いない。一見、辛い結末であるが、ドラマティックでステキに仕上がってます。

BGMのテネシー・ワルツが良かった
posted by 映画のせかいマスター at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

東京家族 #1970

2013年 日本 146分 山田洋次監督 /脚本

山田洋次テイストが入ってたのでオリジナルかと思ったら、小津安二郎監督の東京物語のリメイクだそうで。
三兄弟が東京でそれぞれ暮らしていて、田舎の両親がやってくるっていうんで、集まっていろいろと手を焼くっていう、何事もない普通の日常の一コマ。なんだけど、最後に事件が・・。っていう話。

両親は今や老人の役ならこの人!という橋爪功と吉行和子。子どもが中嶋朋子(実年齢若いと思うけど・・震災の影響でクランクアップが遅くなったみたいで、室井滋と交代したそうな)、西村雅彦、妻夫木聡。それぞれの家族も東京でバタバタしつつもそれなりに幸福に暮らしている。

出てくる人たちは役者さんなので、華があるけど、どこにでもいそうな、どこにでもありそうな話。普通の僕達の日常だってそれなりにドラマだし、映画なのだ。(まあ特に小津映画はそういうのが多いんだけどもね)!
なかでも妻夫木聡の恋人役の蒼井優が良かった。

しかしこういう設定、もはや日本中にあると思うが、独居の親はどーなっちゃうんだろうねえ。個人的には都会にでずに、親元で暮らしてるんでピンと来ないが・・。
posted by 映画のせかいマスター at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋せども、愛せども(ドラマW)#1969

2007年 wowow ドラマW

祖母が岸恵子で母が檀ふみ娘二人が京野ことみと長谷川京子。この美女4人が実は血のつながりがないんだけど、血族の家族以上に仲良し。それぞれ新しい恋や結婚を控えている。

それぞれの状況をエピソードを入れて順に続いていくんだけど、ちょっとしたそのエピソードが興味深い。人気脚本家のゴーストで脚本を書くけど名前は出てこないとか、立退きになったマンションの一室から出ようとしない老人を説得するとか、本筋とは関係ないと言えばないんだけど、リアルじゃないとつまらないし、そういう小話的な部分もしっかり書かないと話って面白く無いのだ。

書きたいことだけを書くのではなく、登場人物の造形を表すようなエピソードの中で性格も書き出し、さらに見てる人が自分と通じる部分を見つけ出したり共感したり励まされたり。表現の仕方っていろいろだなあと改めて感心した。

ちなみに唯川恵原作、大石静脚本でした。
posted by 映画のせかいマスター at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間動物園(ドラマW)#1968

2009年 wowow ドラマW

誘拐犯が設置した盗聴器で、警察側の動きはまるわかりにされている中、今回の誘拐の同期が三十年前の事件とつながってくる。

連城三紀彦の原作を松本幸四郎主演で、首相候補の黒い影や、警察内部のいろいろも含めて、だんだんと事件が大きくなっていき、しかも関係者はかつての事件と結びつきがある・・という展開。刑事モノを突き詰めていったらこんな感じになるのかな??
posted by 映画のせかいマスター at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

対岸の彼女(ドラマw)#1967

2006年 wowow

角田光代の直木賞受賞作品。最後まで見終わって、女の子の友情物語って気づいたくらいなんで、ストーリーは秀逸。いや、もしかしたらそういうの好きなのかも。
現在の働く女性二人と、高校生の女の子二人の話が交互に展開。ここでちょっとトリックがあって、財前直見と多部未華子が顔や雰囲気を似せてるんだけど、同一人物ではない。現在のは夏川結衣が主人公で、過去の主人公はそうではない。

方や甘酸っぱい青春ストーリー、方や子持ち主婦の現実的な話。でも気持ちは同じ。過去に傷を持った女の再生という話も含めて、シンプルな構成の中、いろんなことが詰まった話。
posted by 映画のせかいマスター at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

同期(ドラマw)#1966

2005年 wowow

前回に引き続き今野敏原作のドラマw。今度は刑事が連続殺人事件の容疑者にされちゃって、公安に背いて同期の刑事が真犯人を追う。逮捕直前に迫った人物も外交のカードとして、放流?したり、警察の暗部を暴く?問題作だ。でもどこまでリアルなの?

原作者の小説は読んだことないけど、こういうのが多いのかな。あまり映画にもなってないようなので、原作のファンにはたまらないだろう。なかなかの世界観だった。
posted by 映画のせかいマスター at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビート(ドラマW)#1965

2011年 wowow 119分

今野敏原作を奥田瑛二が主演監督した作品。なかなかシリアスな展開で、奥田瑛二ってこういうの好きだったのかなーなんて思ったりして。でも自分が主演するんだから、最高の舞台を自分に用意したいよね、きっと。
息子が容疑者の一人と知り、息子を殺して自分も死のうとする刑事の役。刑事さんにも家族がいて、あまり家に帰ってなさそうなイメージなんで、いろいろ大変なんだろうけど、息子が成人になって自分の手では抑えきれなくなって・・てな感じで、あの年代には最大のテーマかも。
posted by 映画のせかいマスター at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

神様からひと言(ドラマW) #1964

2006年 wowow ドラマW

萩原浩原作の小説は読んだけど、ここまでドラマ的にうまくはまるとは思わなかった。主人公の転落からの逆転人生ストーリーから企業買収まで、最初はクレーム処理の話だったのが、どんどん話が広がって行き、まったく飽きさせない。

小説は3,4作読んだんだけど、全部は追わなかったんだよねー。映画化されてるのが何作かあるんで、映像はチェックしようとは思うんだけど。
posted by 映画のせかいマスター at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しゃべれどもしゃべれども#1963

2007年 日本 109分

落語界を舞台にした映画を見るのは多分初めて。ネタは豊富だろうけど、ドラマにどう結びつけるか難しい世界なのかも。

その点では、この映画の感動は大成功と言える。ネタ一本の大事さを恋愛に結びつけて、浅草の連絡船でほろっとするシーンも。
中盤の国分太一が落語を一本しゃべるところは、本当にお見事!よくあそこまでれんしゅうしましたねえ。俳優さんってすごいわ。あの子供も、香里奈も。
posted by 映画のせかいマスター at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りバカ日誌20ファイナル #1962

2009年 日本 109分

今年亡くなった三国連太郎が四年前に出演したシリーズ最終作。去年まで出演作があるので、元気は元気なんだろうけど、映画の中でも三途の川を渡るシーンがあったりして、最期を予感させる部分も。隠し子騒動もあってもしやと思うが、しっかり否定して周囲を安心させる。
もしそうだったら孫にあたる?吹石一恵と塚本高史のロマンスを影から応援します。スーさんは北海道で幻の魚スズキを釣る。

なんだかノーテンキな作品。こんなんが20作も作られるんだから平和だなあ笑。ブランドとでも言いますか、世界観が認められた結果ですね。原作漫画の作者が監督した新作「あさひるばん」はヒットするかな?
posted by 映画のせかいマスター at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンピックの身代金(奥田英朗ドラマ2013)#1961

2013年 テレビ朝日開局55周年記念

二夜連続で土日に放送された大作、原作は時間軸がバラバラで、そこがまた面白かったんだけど、流石にドラマは時間通りの進行だった。私の主観かもしれないが、松山ケンイチの犯人は原作では誰が犯人かわからないように進んでたし、犯人っぽくなかった気がするんだけど、ドラマでは最初から犯人と思わせる演出。

ラストシーンを東京オリンピックの開会式に設定し、多分ラストから決めてたんじゃないかと思うくらい、華やかな舞台で、映像では市川崑監督の東京オリンピックの映画の映像も使っていた。

竹野内豊、速水もこみち、黒木メイサら豪華キャストで、笹野高史や泉谷しげるが脇を固める。是非映像化して欲しい原作だったので、見れてよかった!
posted by 映画のせかいマスター at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウトリミット(ドラマW)#1960

2005年 wowow

戸梶圭太原作の映像化は初めて見たような?あまり無いよね。原作のスピード感を十二分に表現してた。いきなりの銃撃、流血とか。意外な展開、ヘンテコなキャラ(ハゲとオカマのカップルの殺し屋)とかw。

岸谷五朗がパートナーを殺され、三千万円を目にどこかが狂ってしまい暴走を始める刑事の役を好演、こういう役似合う!確か似たような映画に出てた記憶が・・何だったっけ?

かつての後輩でパートナーになる役の萩原聖人がなにかとひっ掻き回し、なぜかエリート刑事の黒谷友香、これが最後に見せ場が。戸梶圭太映画、素材はたくさんあるはずなので、今後に期待しよう。
posted by 映画のせかいマスター at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

兄帰る(ドラマW)#1959

2009年 wowow ドラマW

挙式の予約までしていた婚約者が突然姿を消してしまって3年、訃報が入る。最後までなぜ捨てられたのかわからない主人公(木村佳乃)は、彼の足取りを追う旅に出る。

過去を逡巡する旅ってのはよく映画で扱われるパターンで、今回のように自分じゃなくて相手、しかも結婚の約束までしていたにも関わらず一体何があったのか、ってのは残された人からは永遠の謎で、理由を聞いたからといって理解できることかどうかわからない。でもその相手が死んでしまっていたら、もう理解するしか仕方がない・・。

家庭環境が不幸で、自分の人生とは?を見直す場合、私は幸いそこまで追い込まれない立場なので、疾走した彼(橋和也)の気持ちになれるかどうかわからないが、残った主人公に、新たな幸せもあり、ゆるやかな川の流れとともに、人生の再生を感じられて良かった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

パンドラU飢餓列島(連続ドラマW)#1958

2010年 wowow 全7回 ドラマW

がん治療薬をパンドラの箱とした1作目、2作目は異常気象で食物危機に陥った日本を舞台に、通常の4倍のスピードで成長するトウモロコシを開発したことがパンドラの箱を開ける行為だとしている。

1作目の余貴美子が総理大臣になっていたり、新聞記者の山本耕史が連続で出てきていたり、シリーズ物はこうでなくっちゃという演出もある。主人公の博士の名前がどちらも「鈴木」だったり三上博史がナレーションしていたり・・。3作目も楽しみだ。

主人公が途中から人格が変わるのも、1作目では違和感があったのだが、そういうお決まりだと思えば面白く見れた。ひたすら研究に打ち込む佐藤浩市が、助手の北村有起哉を事故で失い、その事故を処理した闇のフィクサーの勝村政信とその助手水川あさみに「ゴッドコーン」の所有権を取られそうになる。方や、食物危機を救おうとする総理大臣もその利権を狙う。大臣の中にはアメリカに売ろうとする者も・・。一方で事件を追う鈴木京香サイドにも動きが・・。

なるほどねー。素晴らしい発明がそのまま受け入れられるわけではないのだ。特にこういうのはヒットしたら、何億いや何兆円もの利益を生み出すだろうから・・。
パート3も楽しみだ。が、ちょっと間を置いてから見ようっと。
posted by 映画のせかいマスター at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

鍵泥棒のメソッド #1957

2012年 日本 128分

久々に笑った。面白い映画を見た。主演は堺雅人と香川照之の半沢直樹コンビ。絡む女優は広末涼子(上戸彩じゃないw)三者三様のキャラで、それだけでも面白いんだけど、記憶喪失と入れ替わりというベタな展開をぶつけて、ずっと笑いっぱなしだった。

ヤマザキ(香川照之)は几帳面で仕事をきっちりこなす殺人請負人。銭湯で転倒して救急車で運ばれた隙に、うだつのあがらない売れない役者の桜井(堺雅人)がロッカーの鍵を入れ替えてすり替わる。でかい車に乗って自宅らしき家に着くとびっくり、超豪華なマンションだった。

自分が誰だかわからないうちに売れない役者だったらしいとされたヤマザキがたまたま出会って相談相手になったのが雑誌編集長で、今年中に結婚すると決めている(が相手はまだない)香苗(広末涼子)だった。お互い几帳面な二人はなんとなく惹かれていくんだが・・。

で、桜井のキャラがうまく説明できない不明キャラなんだけど、謎の人物をヤラせたらピカ一ですね、堺雅人さん。前回見たその夜の侍 #1956の残像をついつい見てしまい、わかんなくなっちゃった(笑)ぜんぜん違うタイプなんだけどね。

で、それぞれ別の人生を生きる・・はずがなく、途中で記憶が戻ったヤマザキは、桜井として生きるために、桜井本人を救済しようとする。丁度取引相手との交渉に下手打ってやばかったところをギリギリセーフ。ヤクザ組織との危うい取引が始まる・・・。

似たような設定で、一つコメディ小説でも書きたくなった(書けないけどw)
posted by 映画のせかいマスター at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

その夜の侍 #1956

2012年 日本 119分

妻をひき逃げで殺された夫が、犯人の出所後、復讐のため本人に殺害予告を毎日送りつけ、ついにその日がやってくる。

どうしようもないワルの山田孝之と、正体不明の主人公・堺雅人の2人の際立つ存在感が魅力だが、その他脇を固める人たちがいちいちスゴイ。ワルのパートナー綾野剛、妻の兄弟の新井浩文、田口トモロヲ、谷村美月、安藤サクラ、でんでんまで、ちょい役だったりもするけど、なんかいいんだよね。

特に新井浩文さん、あのすねたような顔つき、なかなか貴重なプレーヤーですねえ。

なんか深そうな映画だったけど、全部は理解できなかった。勢いで見る作品かなw
posted by 映画のせかいマスター at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンドラ(連続ドラマW)#1955

2008年 wowow 全8回 ドラマW

先入観で近未来SFかと勝手に勘違いして見てなかったドラマ。ガンの新薬が開発されたらどうなる?っていう社会派ドラマだった。開けてはいけないパンドラの箱になぞられて、新薬をめぐる利権争いが繰り広げられる。

自分の手柄にしたい大学教授に、厚労省大臣、総理も含めて、海外からも利権を争う。さらにたまたま最初の患者がとある殺人事件に絡んでいたばかりに、複雑な糸が絡まっていく。医師の中でも同僚が恋人の雑誌記者に情報をリークしたり、刑事も絡んだり・・。

主人公の三上博史のキャラも最初は純粋に研究者っぽかったのが、少しずつ変わっていくところが、他のドラマWと違ってて面白かったが、それと対象的に小西真奈美が一癖ありそうなキャラがいい人キャラに変わってしまって残念だった。その点國村隼教授のワルぶりは一貫してたなあ、柳葉敏郎もいい感じ。もっと出演すればいいのに。

このシリーズ、パート3まであるけど、それぞれ違うテーマになるんだろう、全部見ちゃうかな(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする