2013年12月13日

北の零年 #1974

2005年 日本 169分

北の螢 #1874と同じような北海道の開拓ネタ。こっちは廃藩置県が行われる直前に藩の命令で北海道に渡った武士たちが、北の土地でも育つ稲の開発に奔走しているさなかに、新たな政府に変わり、自分たちの国として生きていこうとする話。

主人公は吉永小百合で、旦那が新たな稲のために札幌に出て行ったが帰ってこない。裏切りと揶揄されながら夫を信じて待つ妻の役である。途中、雪道でピンチになるのだが、そこを助けに夫の渡辺謙が通りかかるものとばかり思っていたら、それも違ってて、結局新政府の役人として戻ってくる。

西郷隆盛が九州で乱を起こしたので、馬を貸せと言われるが、みんなで阻止する。っていう時代。

吉永小百合のでてくる映画では、彼女の歳は気にしたらいけませんね。
posted by 映画のせかいマスター at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結党!老人党(ドラマW)#1973

2009年 wowow ドラマW

老人になって思い残すことは、とふと考えて、そうだ国会議員だと、一人で立ち上がった笹野高史。巣鴨の講演でボソボソと演説を始めるが、だんだんと声も大きくなり、賛同者も増えて、老人党を結成する。とは言うものの党を作る方法すら知らない。急遽法律の勉強もして、だんだんと勢力を拡大していき、対立候補の恐怖となっていく。

老人党っていう、(結構実際に起こりそうだけど)コメディチックな舞台で、どこまでドタバタを繰り広げるかがポイントだと思ってたけど、意外と感動ストーリーあり、コメディありのほのぼのドラマだった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヴの贈り物(ドラマW)#1972

2007年 wowow ドラマW

白川道の小説はいくつか読んだが、ハードボイルドコテコテってわけではないし、意外と読みやすいし、独特の世界観があると感じていた。映像になったら、原作の雰囲気を十分出していたんだけども、キャラ設定がなんかベタだ。死んだ実娘と同じ年くらいの娘と知り合って、イヴにプレゼントを贈り合って、温泉に行ったりして。初めてですとか言われてじゃあ大事にしなくっちゃだって。うーん、舘ひろしだから絵になるけど、俺だったら速攻酔いつぶれてるね。

しかもその娘には死んだ親父の借金が。ヤクザに追われて母親も亡くし・・。絵に描いたような不幸で・・。小説読んでる時は気づかなかったけど、映像になるとそんなことあるの?って突っ込んじゃう。

ま、でも宇崎竜童とか石倉三郎とか、渋い人たちの登場もあって、結構ハマって見ちゃった。原作は新潮文庫「星が降る」です。
posted by 映画のせかいマスター at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする