2013年12月26日

シリウスへの道(ドラマW)#1993

2008年 wowow ドラマW

藤原伊織の原作。懐かしい。亡くなっちゃったんだよね、この作者。いい作品多かったんだけど、そんなに多くの作品は残ってない。

で、この作品も硬派、ハードボイルドで、真っ直ぐな主人公を内野聖陽が、上司を真矢みき、少年時代の事件のヒロインを大塚寧々がやってる。広告業界の裏側って言うテーマもあったみたいだけど、自分とかけ離れてる業界なんでピンとこなかったなあ。

作者へのオマージュで見終わった。
posted by 映画のせかいマスター at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クヒオ大佐 #1992

2009年 日本 119分

結構笑えるコメディ映画なんだけど、なんと実際にあった事件をモデルにしている。被害総額は1億にものぼるらしい、日本人は外人に弱い!?のを利用して日本人のくせに大佐を名乗って結婚詐欺を繰り返した男の話だ。

主演の堺雅人の計算づくな喋りも、細部はテキトーでおかしいが、本当の主演は騙された方の松雪泰子。途中で気づいていても離れられない一途な女性をうまいこと演じている。ベッドシーンも彼女がやると格式高いんだよねー。

もう一人満島ひかりは、逆にじゃじゃ馬っぽい雰囲気を醸してて、全く違う雰囲気。クラブのホステスも気づいてるんだか気づいてないんだか謎の存在で三者三様だ。実際の事件ってことで、解説読んでるともしかしてこの映画ってコメディじゃなかったのかな、とか思うけど、自分的には笑えるコメディでした。
posted by 映画のせかいマスター at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする