2014年01月08日

朝食亭(ドラマW)#2001

2009年 wowow ドラマW

ほのぼのコミカルドラマを想像してたら、結構重い話だった。朝食亭の朝一番会に集まる人たち、実は数年前のある事件に関わっていた。飲酒運転によるひき逃げ、被害者の両親である朝食亭のマスター夫妻は夜の営業をやめ、朝と昼だけにする。被害者と三角関係にあった一人は自殺し、もう一人は重い十字架を背負って生きていく。犯人の恋人は、出所後、責任を感じ、友人たちもまた・・。

最後が明るく終わったのが救いだけど、本当、一瞬にして人生変わっちゃいますね。気をつけよう交通事故!飲酒運転はもってのほか!
posted by 映画のせかいマスター at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大空港2013(ドラマW)#2000

2013年 wowow 三谷幸喜映画

一回もカットを入れずに約2時間ずっと回りっぱなしのカメラで撮影した三谷幸喜のシリーズはなんと実際の松本空港が舞台。たとえヒマな空港だからといえかなりの作戦を練らないと実現できないね。松本空港は一度行ったことあるけど、すごく辺鄙で、そこまで行くならセントレアに行けばよかったと後悔したんだけど、こういうところで役に立つとは!立ってない??開業前の朝の2時間を使って、3日間はリハーサル、6日間は撮影、つまり6本の本番があるってこと。中で一番いいのを使ったそうだ。念入りやなー!

羽田空港の悪天候で松本に一時着陸した飛行機の乗客の一家が巻き起こすドラマ。もっと別の家族とか乗客が出てきてもいいかなーと思ったりもしたが、あまりあちこちになるのも大変だろうからそれは置いといて。妻をなくした祖父、歯科衛生士の愛人戸田恵梨香と鉢合わせした夫香川照之、妻(神野三鈴)は妻で詐欺師のオダギリジョーにハマってしまう。妻の兄生瀬勝久はプラネタリウムの建設のためお金が必要で家族中にお願いするが相手にされない。二人の子ども達もなにかわけありのようだ。

この一家を中心に、謎の男梶原善とかが絡んできて、それを狂言回し的にスチュワーデスの竹内結子が取り仕切る。空港内でも上司甲本雅裕に言い寄られたり、うまいことカメラをあちこちに振って、他のキャストの休憩?時間を作っている。

こういうあり得ない設定に挑戦するってのがまずスゴイ!し、ストーリーも三谷作品だけあってゴチャゴチャしつつーの収束していきーの見事である。
posted by 映画のせかいマスター at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麒麟の翼 #1999

2012年 日本 129分 東野圭吾

連続ドラマ、スペシャルドラマからの劇場版。今年の正月にはまたまたスペシャルドラマで登場するシリーズ、この映画もかなりヒットしたらしいが、別に普通の刑事ドラマのような気がするんだけど??東野圭吾の名前だせばそれだけで売れちゃいますなあ。

タイトルの麒麟の翼とは日本橋の五街道の起点にある麒麟の像。そこで起きた殺人事件は、意外とあっさり犯人が捕まるが、意識不明の重体。真犯人は別にいるんじゃないかと思いついた加賀恭一郎(阿部寛)が、過去の高校での事件を掘り起こす。

もっとスペシャルな結末があるのかと、思ってしまったが、次があればまた見てしまいそうだなあ。この際このシリーズの映画も量産希望!
posted by 映画のせかいマスター at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする