2014年03月31日

晩秋 #2056

1989年 アメリカ 117分 スティーヴン・スピルバーグ

日本映画ではよく見るけれど、海外では珍しい介護ネタ。作られてないのか、作られても日本で公開されてないのか、今回のはスピルバーグ監督で、しかもジャック・レモンが高齢者役ででてるって言うんで、さすがに見過ごすわけには行きません。

まあなんというか、向こうのお医者さんって、ドライですなあ。当たり前のことを当たり前にピシっと言う。まあ、その通りなんだけどね、もう少し言い方あるかな、くらいの。
で、認知症の症状も出てくるんだけど、日本のほど救いようのない感じではない。むしろ前向きにまだ生きていこう、ってとこでまたガンが見つかっちゃう。

在宅看護の大切さを訴える際にも使えそう。しかし、ジャック・レモン、凄いーカッコイイ!
posted by 映画のせかいマスター at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫才ギャング #2055

2011年 日本 137分

品川ヒロシ原作、脚本、監督の監督作品第2弾。この人今度はサンブンノイチっていう他の人の原作の監督もしてて、映画界で一気にブレイクしてる。漫才の方は相方がミキティ〜って言ってるだけだけど(笑)

自分の業界の話なんで得意分野なんだろうし、出てくる俳優さん、主演の佐藤隆太と上地雄輔、さらに石原さとみはもちろんのこと、芸人枠の人たちが非常にかっこ良く、それぞれ見せ場があるように仕組まれている。美味しいねー。

最初の漫才と絡めた展開は斬新だ。
posted by 映画のせかいマスター at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする