2014年04月16日

ローマでアモーレ #2061

2012年 アメリカ イタリア スペイン 112分 ウディ・アレン監督

ローマを舞台に、何組かのカップルが繰り広げる群像コメディ。
娘の結婚を気にローマにやってきたウディ・アレン夫妻が相手の父親のシャワー中の歌声を聞き、歌手デビューさせようとする話。
引っ越してきたばかりの新婚さんが、美容院に急遽行ったのは良いが携帯をなくし途方に暮れる中、なぜか地元の人気俳優にナンパされる。旦那は旦那で手違いでやってきたコールガールのペネロペ・クルスを親戚連中に妻と紹介してしまい、みんなで食事に行く羽目に。で、レストランでかち合ってしまう。
かつて暮らしていた男を自分の部屋に案内するとすっかり心の相談役としてパートナー?(他の人には見えない??)になってもらうが、そこへ現れた魅力的な女に恋をしてしまい、彼女との間で揺れる。
もう一人登場人物で普通の中年男が何故かパパラッチに追いかけられ、モテメンに変身。この話がいちばんどうでもいいんだけど、一番笑える。

ネタバレなんで書かないけど、終わり方も洒落てる。みんなシアワセでよかった♪
posted by 映画のせかいマスター at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする