2014年06月30日

ワールド・ウォーZ #2106

2013年 アメリカ 116分

ホラーじゃないゾンビ映画。ゾンビを恐怖プラス冷静に国連を上げて対策するとこうなりますよっていう話。昨今のウィルス感染を考えたら、こういうのも起こらないとは誰にも言えないが、感染したらすぐ発症するってだけdものすごく恐ろしいわ。

ブラッド・ピットが立ち向かい家族を置いて世界をかけ巡る役で、どーしても彼は感染しないんだろうと思っちゃうし、最後はどっかからワクチンが開発されるんだろうなあとは思うけれど、終わった先も気になるなあ。

今アフリカで流行ってるエボラ出血熱もパニックなんだろうねえ、映画見てる場合じゃないかも!?
posted by 映画のせかいマスター at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行映画(4)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くちづけ #2105

2013年 日本 123分

知的障害者のグループホームを舞台にした劇作品の映画化。ほとんどがグループホーム内で起こるので舞台っぽい設定ではある。舞台を見たことはないが、そのまんま映画にしたような雰囲気だ。

知的障害者の置かれている社会問題をそのまま描いていて、訴えるものも多々あるし、多くの人に見て欲しい作品である。あえて突っ込めば、出てくる人の障害のレベルは軽い方で、もっと重い人がたくさんいてグループホームではそういう人たちがひっくるめて生活しているってこと。重度だと重すぎて見られないのかも?

前半、笑いを交えながら進んでいくので、ラストの重さが唐突に感じられないこともない。もっとどうにかならなかったのか、とついつい感情移入してしまう。
現代に生きてる以上、知らぬ存ぜぬではダメだと思うので、もっとこういう映画を広めたいと思います
posted by 映画のせかいマスター at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする