2015年02月17日

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ! #2209

2006年 日本 107分 釣りバカ日誌

女性再雇用制度で7年ぶりに戻ってきた石田ゆり子に社員の目は釘付けに。しかし結婚相手とはうまく行ってなさそう。ある日釣りに誘った帰りに離婚したことを告げられ・・。

釣り船のハチ(アパッチけん)に初めてのロマンス・・?と思わせぶりな展開もご愛嬌で、隣のアパートに住む美術講師の大泉洋とロマンスが。2人は育て親代わりの兄片岡鶴太郎に結婚のお願いをしに、故郷の輪島へ向かう。

昔気質の片岡鶴太郎に結婚の挨拶に行くシーンは笑えるし涙モノ。奥さんの宮崎美子にあなたの許しとかなくてもいい年齢なのに、わざわざ挨拶に来て・・とか諭されながら、黙々と仕事する鶴太郎の後ろ姿ぐーー。
たまたまスーさんと仕事に来ていたハマちゃんとあとは合流し、めでたしめでたし、あハチ忘れてた、と思ったら最後にドタバタのオチに登場w
posted by 映画のせかいマスター at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIVE AND DIE リヴ・アンド・ダイ #2208

2013年/アメリカ/89分

深夜のファミレス(ダイナー)で、立てこもり事件発生。たまたま警察官が客として訪れる。自動車泥棒で服役から出てきたばかりの男も居合わせた。実はこの店、裏取引の舞台となっていた。警察にも内通者がいるようだ。

主犯格の男は、HDDを奪うだけでは飽きたらず、金を奪おうと企み、予定時間を早める。トイレにいて難を逃れた出所後の男ニックは、すぐに通報するが、自分が犯人の一味と間違われてしまう。警察官は何らかの関わりがあるようだったが、主犯格にすぐに射殺され、そこにいたニックは捉えられてしまう。以後、警察の交渉役としてニックは使われるのであるが、ここで犯人の一味と勘違いされることが、別の展開を呼び、妻を監禁されることで、ニックが犯人を追い詰めていくという展開が生まれる。

警察の内通者は大ボスにより処分され、FBIの内通者?これも早くから登場するんだけど、アンタ誰?って感じでよくわからぬままだった。

まあ、場所限定スリラーとしては良かったが、全体的にはつじつまが合わない部分も含めてアレレでした
posted by 映画のせかいマスター at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする