2015年03月18日

ダラス・バイヤーズクラブ #2224

2013年 アメリカ 117分

マシュー・マコノヒーが第86回アカデミー賞主演男優賞に輝いた作品。エイズに発症してしまうロデオボーイの役で、なんか主役っぽくないというか、いつも脇役の人がたまたま主役しました的な、あまりオーラが無い役だ。
エイズが世に出た当時の話で、かかる奴はみんなゲイみたいな誤解が蔓延してた頃、いち早く?かかってしまった不運な男である。

当時は薬も何が効くのかわからない新しい疾患だったので、効くと思っていた薬が効かなかったことを自らの体験を持って主張したり、友達や世間から後ろ指をさされながらも死ぬまでの数年を生きていく。

原作は実話だそうだ。
posted by 映画のせかいマスター at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハラがコレなんで #2223

2011年 日本 109分

サイトのあらすじ読んでもなんのことやらさっぱりわからないと思うが、そんな映画(笑)仲里依紗が父親になるはずの男と別れて一人で子どもを出産しようとする強い?なんだかわからないキャラを熱演。結局なんなのと思いながら、見終わる頃には人生なんとかなるさと思えてしまう力強さがある。

小さいころ夜逃げして駆け込んだ長屋には不発弾が埋まってるらしいが、大家さんはそんなこと気にせずに普通に部屋に入ってくる。幼なじみの中村蒼は伯父さんの食堂を継いで、主人公に想いを寄せている。伯父さんは喫茶店のママに思いを寄せるが告白できずにいる。そして一同会して福島へ向かう・・・。

ものすごく期待して見ると??かもしれないけど、割りきって見たら意外な発見がたくさんありますよ。
posted by 映画のせかいマスター at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする