2015年06月25日

かあちゃん #2285

2001年 日本 96分 市川崑監督

山本周五郎原作で、市川崑監督の時代劇。岸恵子がしっかりした母親役で江戸の良き日本を彷彿させる。泥棒の原田龍二に、騒ぐことなく身の上話をし、最後は家に迎えるようにしたり、ゆっくりとしたテンポでいくつかのストーリーが流れていく。

その後、山本周五郎の時代劇が幾つも作られているが、その2000年代のさきがけとも言える作品
posted by 映画のせかいマスター at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファントム・オブ・パラダイス #2284

1974年 アメリカ 94分 ブライアン・デ・パルマ

オペラ座の怪人をモチーフとしたミュージカル映画。オープニングから、すっかりいいとこなくやられまくってるウィンスロー・リーチが、怪人になるまでの救いようのなさと、それをパロディ化してブラックユーモアに転化してるところで一気に話に入っていけるんだけども、このノリは最後までずっと続いてて、えげつないというかなんというか・・。

人によって見方は異なるかもしれないが、ワタシ的には完成度高い!趣味悪いとか倫理に反するとか、そういう問題ではなく、ここまで不幸を笑って済ませてしまうのは芸術的である。
posted by 映画のせかいマスター at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする