2015年07月03日

小暮写真館(宮部みゆきドラマ2013)#2287

2013年 NHK 全4回 宮部みゆき

 古い写真館に越してきた一家の家族の物語。前半は、女子高生が持ち込んできた心霊写真から写っている家族の話を聞きに行ったことから、心霊写真探偵の異名を取る主人公神木隆之介が、次々に心霊写真を追っていく話なんだけど、そのうち、自分の家族の過去の事故や、不動産の娘成海璃子の過去がシンクロしてきて、新たな人生を踏み出すために立ち上がるっていう話になっている。

 主人公一家が、良い人ばかりで神木くんもいつもどおり「いいひと」でホッとする。いや、誰も悪人はいないんだけど、なにか起こるとまじめに思うがあまり、つい言ってしまうことだってあるし、あーなかなか人生大変だ。でもほのぼのするドラマ。
posted by 映画のせかいマスター at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猿の惑星:新世紀(ライジング)#2286

2014年/アメリカ/131分

進化したサルたちが山に篭ったその後編。原発を廃止し、発電機が山の中にあるので人間たちが山に入っていく。進化した猿に驚いて銃で撃ってしまい、騒然となるが、リーダーのマルコムは猿のリーダー・シーザーに話し合いを求めて再度山に入っていく。なんとか通じるものの、人間サイドも猿サイドも仲間の中に相手を信じないものがいて撹乱してくる。
なかでも猿のコバは、山を降りて銃を撃っている人間を見て、人間は危険だと信じており、シーザーに進言するが、聞き入れてもらえず、ついには人間から銃を奪い、シーザーをも撃って、人間に攻撃を仕掛ける。シーザーはマルコムらに助けられ回復し、コバを倒すが、もはや人間と猿の争いは避けられないという言葉で物語は終わる。

第3弾があるとすれば人間と猿の激しい戦争が描かれ、猿の惑星シリーズに続くのであれば、その戦争は猿の勝利ということになる。あらかじめ話しの先が見えている前提ではあるのだが、そこにサルたちのリーダー争いや、家族愛なを絡めて、ドラマ性を出し目が離せない展開となっている。

サルたちが人間を攻めこんでくるシーンはド迫力だった!

猿の惑星 #907
続・猿の惑星 #908
新・猿の惑星 #1057
猿の惑星・征服 #1063
最後の猿の惑星 #2398

PLANET OF THE APES/猿の惑星 #899

猿の惑星: 創世記 #1722
猿の惑星:新世紀(ライジング)#2286
posted by 映画のせかいマスター at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする