2015年07月23日

黒の奔流(松本清張ドラマ2009)#2300

2009年 テレビ東京

中編集『火と汐』収録の種族同盟が原作で、3度ドラマ化されている。内容は非常にコンパクトにまとまっていて、今回のヒロイン星野真里の悪女ぶりに見てる方までイライラしてくる。船越英一郎は2000年代の古谷一行だね。妻の賀来千香子や部下の黒谷友香が清楚で悪女を引き立てる。

清張の話によく弁護士が出てくるが、どれも小娘にはめられてて、言葉は悪いが痛快だ。星野真里は霧の旗でも同様の役をやってて、ブレイクしなかったのが残念。

無罪を勝ち取るのが早いなーと思ってたら、その後の予想できない展開、そして後半は予想通りの?展開で一気に見させてくれました。
posted by 映画のせかいマスター at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする