2015年08月13日

緋牡丹博徒 #2309

1968年 日本 

鶴田浩二、高倉健と並ぶ女任侠スター!だったそうな藤純子(富司純子)が主役を務めるシリーズ第一弾。任侠シリーズに出てくる役者さん総出演で盛り立ててる。この時期日本映画界で盛り上げようという気合が感じられますなあ。大映では江波杏子主演で女賭博師シリーズが当たってたんで、東映で富司純子のシリーズが始まったようだが、これも当たって不動の地位をモノにしたようだ。こういう系統では二匹目のドジョウがかならずいるものだ。

高倉健は友情出演っぽい感じだった割に出番は多いし、美味しいところを持っていってる。当時女が組長になるってどこまでリアリティがあったかは知らないが、極道の妻の先駆けには間違いない。妻というより自分が前に出てくるタイプだけど。

こんな映画あったの知らなかったなー
posted by 映画のせかいマスター at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨と風の音(清張ドラマ2015)#2308

2015年 BSJ

犯罪人が仮病を使って収容された場所で出会った男と、ある雨の夜に脱走する。甲州街道へ行く途中、駆け落ち中の男に呼び止められ、女を乗せる。ところが身分がバレそうになって男と揉み合いになり、指を二本失ってしまう。
5年後、男は信州で更生し、仲間と身延詣りに甲州へ行った。その帰途、立ち寄った温泉宿で按摩から聞いた話でゾッとする。翌朝、浴場へ行くと、そこに男がおり、ある話を始め…。

久々登場の松村雄基!なんか顔変わったような?いくつだっけ?テレ東なんで懐かしい顔がよく出てくるのがこそっと楽しみ。ネタ的にはだんだん飽きてきたかなw
posted by 映画のせかいマスター at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虎(松本清張ドラマ2015)#2307

2015年 BSJ

過去に起こした殺人事件の際、殺した妻がこだわっていた虎の絵が気になる男。転職し安定した生活を手に入れたものの、張子の虎の人形屋が売りまくっている虎を見るたびに過去の過ちを思い出す。いてもたってもいられなくなった男は・・・。

張子の虎って昔良く見てたけど、最近はおみやげ屋さんにあっても見向きもしないなー。当時は人気キャラがあるわけでもなく、動物とかの人形が人気だったんだろう。しかしそれが元で過去の事件まで発覚してしまうとは。清張得意の過去バレねた
posted by 映画のせかいマスター at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちゃんぽん食べたか(さだまさしドラマ2015)#2306

2015年 NHK 全8回

さだまさしの自伝的な小説をドラマ化。長崎からバイオリンのプロを目指して高校から上京して下宿しながら貧乏生活を送るまさしがフォークデュオでデビューしそうになりそうなところまでを描く青春ドラマ。高校入学から仲間との出会い、大学に行ったはいいがバイオリンで挫折し、バイト生活で音楽もろくにやらなかった主人公が、高校の時知り合った隣の高校の友人とデュオを組むことになる。

もちろんこれはさだまさしが組んでいた「グレープ」結成秘話なのだが、それを抜きにしても高校生活が見ていて楽しい。ゲバに巻き込まれることになったり、大きく道を外すことはないものの、青春の挫折をうまく描いている。友人役の本郷奏多や間宮祥太朗がいい味出してる。

遠藤賢司と菅田将輝はこの後民放のドラマ「民王」でも引き続き親子役をやっている。遠藤賢司ドラマでまくりで一週間でみない日はないくらい。NHKのドラマは安定してるなあ
posted by 映画のせかいマスター at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする