2015年10月07日

田母神家の一族 #2335

2015年 三谷幸喜映画

オフィスボードビルっていう芸能事務所でやっている東京ヴォードヴィルショーの記念公演で三谷幸喜作品。オフィスボードビルってのは佐藤B作と奥さんのあめくみちこらが主催している劇団だそうで、どこかで見たことある人達が出てきてコミカルな舞台を演出している。

有権者105名の小さな村で4期村長を務めた父親が馬に蹴られて勇退。跡を継ぐと思われていた長男がまさかの事故死により、真面目な教師だった次男、ふざけた事業家の三男、長男の嫁、村長だった父の弟、そして東京帰りの父の弟の娘の婿角野卓造が立候補する。

当初次男と三男の争いと見られていたが、長男の嫁が三男のスキャンダルを暴露し始め、泥仕合を呈する。見るに見かねた前村長の父が再び出馬する。ここから票争いが始まる。誰と誰がくっつけばなん票になるという票読みが、選挙コンサルの山口良一により操作されていく。そして外部から来た男のエネルギー政策に村中が偏っていくのだが・・・。

選挙の合同演説会という限られたスペースの中で、二転三転していくテンポはさすがの三谷舞台。たぶんこうなるんじゃないかなーってとこを、上手くかわしたり、その通りにしたり、見てる方の心を読むような展開も面白かった。この劇団のこともあまり知らなかったんで、知れてよかったなー
posted by 映画のせかいマスター at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする