2016年01月18日

太陽の坐る場所 #2387

2014年 日本 102分

高校の時の女子生徒の仲間内でのいざこざやスクールカーストと呼ばれる順位付け、それがのちのちに尾を引く。救いようがないくらい暗い話でもないし、それなりに面白かったんだけど、原作では名前の呼び方がトリックになっていたようで、映像で表すのが難しかったんじゃないかと思う。女優さんも現在と過去でどの人が同じか見分けつかないし(汗)もっとわかりやすく、暗示的な映像とかは減らしてストレートで来て欲しかったなー。
辻村深月原作。

ここからネタバレ

要は水川あさみが途中からリーダーから転げ落ちて、卒業後も仕方ないから地元にしがみついて生きていくみたいな立場なんだけども、誰がいい人で誰が悪い人なのかよくわからなかった。逆にもっと残酷にするとかもありだったかも
posted by 映画のせかいマスター at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする