2016年03月28日

顔 #2322

2000年 日本 123分

NHKの達人達という対談番組で、この映画の監督の阪本順治が千原Jrと対談した際、引用されていた映画で、少し興味があったがBSでオンエアされていたのでチェック。引きこもりで暗い人生を送っていた35歳の女性が、対称的に派手な妹を衝動的に殺してしまい、逃亡する。すぐに指名手配されるが、最新の写真が中学の卒業時のものしかなく、逃亡先の別府のスナックで働き始める。それまでとは全く違ったスナックでの生活が彼女を生き生きとさせていくが、ママの弟(豊川悦司)がヤクザの抗争で死に、それがきっかけでまた逃亡するハメになる。

福田和子事件をモチーフにしてるらしいが、見ていると最初に主演の藤山直美ありきで作ったような印象を受けるほど、彼女のインパクトが大きい。最初の冴えない時とスナックで活き活きしてる時は別人のよう、さすが女優。捕まるか捕まらないかとか、どうでもよくなってしまうので、もっといろんな場所での逃亡生活も見てたかったような?

たまたま出会う佐藤浩市が別府の楽天地でこどもとアヒルレース見てるシーンが懐かしく、今度行ってみようかと思ってしまった。
posted by 映画のせかいマスター at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする